「美しすぎる銅版画家」小松美羽氏の電子写真集を世界配信「MIWA KOMATSU WORKS」

ニュース
2015.7.26

画像を全て表示(8件)

「美しすぎる銅版画家」小松美羽氏の電子写真集「MIWA KOMATSU WORKS」 (English Edition)の世界・日本同時配信が開始している。

第10回長野灯明まつりで巨大灯篭を制作する様子

第10回長野灯明まつりで巨大灯篭を制作する様子



小松氏は「美しすぎる銅版画家」としてメディアに取り上げられて話題となった若手芸術家。銅版画を中心に、ペインティングや墨絵など様々な作品を作り出してきた。イギリス・ロンドンで開催された日本カルチャーイベント「ハイパージャパンフェスティバル2015」では、有田焼の彫刻作品「狛犬」を出展。サイン会に長蛇の列ができるほど人気を博した。
小松氏と英国のファンたち

小松氏と英国のファンたち

ハイパージャパンにて小松氏サイン会の様子

ハイパージャパンにて小松氏サイン会の様子


 
今回配信を開始した「MIWA KOMATSU WORKS」では、前述の「狛犬」や、出雲大社に奉納された銅版画作品「新・風土記」など、小松氏の作品写真106枚を収録。さらに、小松氏の制作風景やオフショットなどの写真、58枚も含まれている。

電子版のため、ページの切れ目のない見開き写真を多数掲載しており、ついつい見とれてしまうことうけあい。魅力的な作品群だけでなく、「美しすぎる銅版画家」の様々な表情まで凝縮した、画期的な一冊に仕上がっている。


7月24日(土)には、小松氏を追ったドキュメンタリー番組「続・勘違いから始まった~画家・小松美羽の夢と挑戦~」もBSフジで放送される。まだまだ、小松氏への注目は高まりそうだ。

■小松美羽氏 プロフィール
長野県出身の芸術家。2009年より「美しすぎる銅版画家」としてメディアに多数出演。その可憐な容姿からは想像もつかないほどの大胆な銅版画を創り出し、独特の死生観を醸し出す。河童や狛犬といったモチーフも登場し、日本文化への愛着を感じさせる作品も多い。阿久悠氏のCDジャケットやビジネス誌の表紙を担当した。2015年チェルシーフラワーショーでは、世界的庭園デザイナーの石原和幸氏とコラボレーション。石原氏の「江戸の庭」に、自身が制作した狛犬を提供し、石原氏の4年連続金メダル受賞に花を添えた。昨年末に自身の作品集「小松美羽 -20代の軌跡- 2004-2014 」(KADOKAWA/角川マガジンズ)を出版。銅版画、ペイント、墨絵、ペン画、有田焼とのコラボレーションなど、代表作108点を収録。

 
配信情報
MIWA KOMATSU WORKS​

著者:Miwa Komatsu
Kindle版/279ページ
出版社: Creek & River Co., Ltd
言語: 英語
URL:http://www.amazon.co.jp/dp/B0129Z3BYA
シェア / 保存先を選択