都内の穴場花見スポット!狛江で絶景“桜ロード”を堪能


東京都狛江市は4月3日(日)、根川さくら通りをメイン会場として「第2回 こまえ桜まつり」を開催する。また、4月2日(土)までの期間、夜間のライトアップを実施中だ。

毎年春を迎えると、約140本のソメイヨシノが咲き誇る、根川さくら通り。緑が多いことで知られる狛江市において、古くから市民の花見スポットとして親しまれてきた。約800mにわたる桜並木が薄ピンク一色に染まり、“桜ロード”と呼ぶにふさわしい光景が広がる。

狛江市では昨年、市制施行45周年を記念して、初の「こまえ桜まつり」を開催。祭り当日はあいにくの雨模様にも関わらず、ライトアップ期間中と合わせて約1万人の人出で賑わった。

2回目となる今回も昨年に引き続き、車道約400mを交通規制して歩行者に開放。10台ほどのキッチンカーと、市内団体による出店11店舗が立ち並ぶ。休憩、食事用のテントが完備され、桜を眺めながらゆっくり味わうことができる。

さらに、よしもと芸人によるお笑いステージや、専修大学グリークラブと狛江高校合唱部によるアカペラストリートライブも開催!サブ会場となる多摩川住宅内中央公園では、ミニSLの運行や、FC東京によるキックターゲット、ふわふわドームが登場。子ども向けのアトラクションも充実している。

この他、近隣の施設においてもさまざまな催しを実施する。根川地区センターでは、オリンピック・パラリンピックのPRブースを設置。パラリンピック種目「ボッチャ」が体験できる他、ロンドンパラリンピック競技パネルを展示する。

むいから民家園には、けん玉やお手玉などの“昔遊びコーナー”がお目見え。シニア世代は自慢の腕前を発揮しつつ、子どもたちと一緒に楽しんでみてはいかがだろうか。

なお、ライトアップ期間中、3月30日(水)・31日(木)、4月1日(金)の3日間は、さくら茶の無償配布を行う。夜は冷え込むことも多いこの時期、じんわりと体を温めてくれそうだ。

まずはロマンチックな夜桜を愛で、週末は春の日差しを浴びながら、グルメと桜を堪能する。地元民に愛され続けてきた狛江の穴場スポットで、2種類の花見を満喫しよう。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択