夜の本気ダンスが地元京都で初ワンマン「すごく緊張する」

夜の本気ダンス「KYOTO de ONE MAN」の様子。(撮影:森下綾音)

夜の本気ダンス「KYOTO de ONE MAN」の様子。(撮影:森下綾音)

夜の本気ダンスが3月31日に京都・京都MOJOにてワンマンライブ「KYOTO de ONE MAN」を開催した。

彼らの結成記念日に地元・京都で行われたこのライブは、インディーズ時代の1stミニアルバム「ヤングアダルト」が3月30日に再発されたことを記念して行われたもの。バンドにとって京都でのワンマンライブはこれが初となった。

この日の1曲目は「ヤングアダルト」収録曲の「ロシアのビッグマフ」。通常のライブではオープニングSEとして流れているこの曲を生演奏するという演出で幕を開けると、米田貴紀(Vo, G)の「皆さん、踊る準備はできてますか?」という煽りと共に「WHERE?」「Show Down」へ。場内の熱気が急上昇する中、米田は「京都MOJOに夜の本気ダンスが戻ってきました!」と喜ぶ。鈴鹿秋斗(Dr)は「みんな知らんかったやろ? 3月31日が僕らの結成日だって! 今日から3月31日といったら夜ダンの結成日ということを覚えてもらっていいですか?」とフロアに呼びかけ、大きな歓声を浴びていた。

懐かしい楽曲の数々を披露した米田は「このライブハウスで何回(ライブ)したかわかんないけど、ここでライブするとすごく緊張するんです」と、インディーズ時代の思い出がよみがえるMOJOでのライブへの思いを語る。一方、3月にリリースしたメジャー1stアルバム「DANCEABLE」の収録曲も披露し、新旧を織り交ぜたセットリストでオーディエンスを大いに楽しませた。

アンコールではフロアの観客たちがマイクを通して「メジャーデビューおめでとう!」とメンバーに呼びかけて驚かせる。予期せぬサプライズに米田は「いつもメッセージを届ける側だから変な感じですね」と照れ、鈴鹿は「まだまだメジャーにいって頑張っていきますので、これからも応援よろしくお願いします!」とさらなる活躍を誓った。

「B!tch」「Afro」を演奏すると、米田は地元のファンに向けて「本当に皆さん、ありがとうございました! 京都のバンド夜の本気ダンスでした!」と挨拶。初の地元ワンマンライブを大成功のうちに締めくくった。

夜の本気ダンス「KYOTO de ONE MAN」2016年3月31日 京都MOJO セットリスト

01. ロシアのビッグマフ
02. WHERE?
03. Show down
04. By My Side
05. for young
06. Too Young
07. Dookie Man
08. Love is always new
09. You & I
10. Candy tune
11. LOVE CONNECTION
12. This is pop
13. Logical heart
14. escape with you
15. Crazy Dancer
16. fuckin' so tired
17. 戦争
<アンコール>
18. B!tch
19. Afro

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択