星野源が『おそ松さん』を語る!乙一による"小説版おそ松"も掲載、『ダ・ヴィンチ』5月号

ニュース
2016.4.5
『おそ松さん』総力特集を掲載する『ダ・ヴィンチ』5月号(4月6日売り) ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

『おそ松さん』総力特集を掲載する『ダ・ヴィンチ』5月号(4月6日売り) ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

画像を全て表示(2件)

本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』は4月6日発売号にて『おそ松さん』総力特集号を発売する。

3月28日深夜に最終回が放送され、放送終了を惜しむ声があがっているTVアニメ『おそ松さん』(テレビ東京)。ファンのツイッターでは“松ロス”という言葉があふれ、Yahoo!トピックスにも『おそ松さん』関連の“ロス”記事が掲載されるなど、アニメファンの枠を超えた一大コンテンツの終幕が話題を呼んでいる。

そんな人気コンテンツ『おそ松さん』を、本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』5月号が総力特集。同誌にてエッセイ連載を持つ星野 源と『おそ松さん』キャラクターデザインをつとめた浅野直之とのサプライズ対談や、声優・小野大輔(十四松役)と入野自由(トド松役)による振り返りキャストインタビューも収録される。

さらに、製作委員会の監修のもと、『おそ松さん』の世界観を引き継いだ小説が『ダ・ヴィンチ』に登場する。執筆に挑戦するのは今年でデビュー20周年を迎えた人気作家・乙一。タイトルは「なごみ探偵おそ松さん・リターンズ」だ。昨年11月に放送された第8話から、なごみのおそ松が1万4000字超の大ボリュームで帰ってくる。『おそ松さん』ファンのみらなず、読書好きには必読の小説となるはずだ。

当月号のオリジナル付録には、浅野直之による描き下ろし6つ子しおり6種がついてくる。また、 特集扉にも浅野による描き下ろしイラストが掲載されることとなる。

オリジナル付録「描き下ろし6つ子しおり」 ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

オリジナル付録「描き下ろし6つ子しおり」 ©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会

また、4月以降も新情報解禁が予定されている『おそ松さん』については、ニュースサイト『ダ・ヴィンチニュース』でも追っていくとのこと。社会、ビジネス、芸能、本、マンガ、アニメなど「知的好奇心を刺激する」今旬ネタと共に『おそ松さん』関連記事も楽しんでみてはいかがだろうか。
 

書籍情報
『ダ・ヴィンチ』5月号(4月6日発売/価格730円)

■表紙/大泉 洋
■「松ロス」するにはまだ早い! 『おそ松さん』総力特集コンテンツ・オリジナル付録!「6つ子しおり6種」
・大ヒット御礼! 描き下ろし6つ子イラスト 浅野直之
・“振り返り”キャストインタビュー 小野大輔/入野自由
・[盟友クリエイター対談]浅野直之×星野 源
・“あなたの松エピソード” アンケート発表!
・『おそ松さん』お騒がせクロニクル
・原点から再発見! 昭和の名作「おそ松さん」を読む。
[インタビュー]富永禎彦(studioぴえろ)/中野晴行(マンガ評論家)
・乙一が挑む「おそ松さん」ノベライズ 「なごみ探偵おそ松さんリターンズ
シェア / 保存先を選択