風間俊介、岡本玲に「俺に男としての魅力はないのか?」、鴻上尚史 作・演出「イントレランスの祭」初日前会見

SPICER
岡本玲 舞台「イントレランスの祭」より

岡本玲 舞台「イントレランスの祭」より


KOKAMI@network vol.14「イントレランスの祭」が4月9日(土)から全労済ホール スペース・ゼロにて上演される。初日前の時間にマスコミ向けに芝居の一部が披露され、その後記者会見が行われた。会見には主演の風間俊介岡本玲、そして作・演出の鴻上尚史が登場した。

鴻上尚史、岡本玲 舞台「イントレランスの祭」

鴻上尚史、岡本玲 舞台「イントレランスの祭」

本作の魅力について、「差別問題や移民問題など数々の社会問題をユーモラスに描くことによって、人の心の奥に刺さる作品。まさに今観てもらいたい作品」と語る風間。また、鴻上本人も「日本も世界も人が人を許さない“不寛容”な時代になっていると思い、それを特定の人にすると生々しい個人の問題になるので、ある日、宇宙人がやってきて難民として日本でも25万人を受け入れた、でも受け入れた宇宙人を憎んだり排斥したりする…という話にした」と解説していた。

岡本玲、大高洋夫 舞台「イントレランスの祭」より

岡本玲、大高洋夫 舞台「イントレランスの祭」より

鴻上と風間は、舞台「ベターハーフ」以来2度目のタッグ。風間の演技力に惚れたという鴻上は、「途中までセリフの覚え方がアバウトなんだけど、最後はキメてくるんです。そしてキメた後でドヤ顔をするんですよ」と笑わせ、「あと、今回踊る場面がありますが、やっぱり(風間は)あの事務所所属だったのね、とみんなびっくりしています」とコメント。すると風間も「鴻上さんとお仕事すると(ジャニーズの)匂いをちょこっと出してくれるんです。ありがたいです」だが、鴻上が「てっきり(風間は)踊りがダメで、俳優部に来ているのかと」と言い出すと「僕は踊れないって言っているんじゃなくて踊らないだけなんです!」と抵抗する風間。

大高洋夫 舞台「イントレランスの祭」より

大高洋夫 舞台「イントレランスの祭」より

この流れで芝居中のダンスの練習について話が及ぶ。鴻上が「こいつ(=風間)、個人練習はしません。怠け者なので」といえば、岡本も「器用なんですよ。みんなが練習している間に携帯でゲームとかしているのに、全体で合わせる頃になったら完璧に仕上げてくるんです!」と褒めているのか落としているのかわからないツッコミに「やめなさい、やめなさい」と笑いながらその話題を制しようとする風間だった。

田村健太郎、福田転球 舞台「イントレランスの祭」より

田村健太郎、福田転球 舞台「イントレランスの祭」より

ちなみに風間と岡本は、NHK朝の連続テレビ小説「純と愛」に始まり今回で3度目の共演。風間は岡本のことを「縁のある女優さん。気心も知れている。今回恋人同士の役ですが、付きあって3年くらい経っている設定なのですが、わざわざその安心感を作る必要がない。10か月一緒の作品を作っていたので」と振り返る。ただ、今回は恋人役という設定なので、稽古場にいても兄と妹のような関係からどうやったら恋人になるんだろう、という話をしていたそうだ。

「風間くんみたいなタイプはどう?」と聞かれた岡本だったが、「本当に頼りになるお兄さん。お芝居でも仕事の相談もしやすいし…」とやはり兄目線で口にすると、思わず風間が「俺に男としての魅力はないのか?」と詰め寄る一幕も。これに対して岡本は「今回の舞台で感じていけたらいいなって思います」と返せば「今日が初日なんだけど!」「それ稽古初日のコメントだろう!」と風間・鴻上からさらに突っ込まれていた。

久ヶ沢徹(中央) 舞台「イントレランスの祭」より

久ヶ沢徹(中央) 舞台「イントレランスの祭」より

岡本が演じる宇宙人役は芝居中、その容姿が変わる場面があるとのこと。「(相手の)容姿が好きなのか、心が好きなのか、という問題も含まれていて、すごく多面的な要素を含んだ作品です」と風間が語る「イントレランスの祭」。ぜひ一度劇場にてその言葉の意味を感じてもらいたい。

公演情報
KOKAMI@network vol.14「イントレランスの祭」

【東京】2016年4月9日(土)~4月17日(日)全労済ホール スペース・ゼロ
【大阪】2016年4月22日(金)~24日(日)シアターBRAVA!
【東京凱旋】2016年4月29日(金)~5月6日(金)よみうり大手町ホール

■作・演出:鴻上尚史
■出演:風間俊介、岡本玲、久ヶ沢徹、早織、福田転球、藤田記子、三上陽永、田村健太郎、大高洋夫
■公式サイト:http://www.thirdstage.com/knet/intolerance2016/

シェア / 保存先を選択