平井堅「命ある限り人は華やいでいける」テーマにおばあさんと踊る

平井堅「君の鼓動は君にしか鳴らせない」ミュージックビデオのワンシーン。

平井堅「君の鼓動は君にしか鳴らせない」ミュージックビデオのワンシーン。

平井堅が8月5日にニューシングル「君の鼓動は君にしか鳴らせない」をリリース。今作の表題曲のショート版ミュージックビデオがYouTubeで公開された。

平井はこのMVで、オーディションで選ばれた74歳の瀧澤恵美子氏とともに社交ダンスやコンテンポラリーダンスの要素を取り入れた独自の踊りを披露。彼は「おばあさんと踊ることで、“命ある限り人は華やいでいけるんだ”というテーマを表現しています」と話し、映像のディレクションを担当した須藤カンジ監督も「リリックとダンスの意味合いを素直に表現していただくことができ、二人の素晴らしい表情が撮影できたと思います」とコメントしている。

平井堅 コメント

今回はミディアムバラードの曲なんですが、バラード曲のミュージック・ビデオといえば僕が切々と歌う映像が基本で、でも今回はそんなありがちなパターンからいかに逸れて何が出来るかを考えて、僕としては初めての試みで、あまり上手ではないですけど、社交ダンスやコンテポラリーダンスの要素を取り入れたダンスをおばあさんと踊ることで、“命ある限り人は華やいでいけるんだ”というテーマを表現しています。
インド人になったり色々してますが、今回は真逆の中世の絵画のような世界になっています。
慣れない社交ダンスを下手くそですけど踊りましたし、本当にかわいらしいおばあさんが出てきますのでその二人のダンス見て楽しんでくれたら嬉しいと思います。

須藤カンジ コメント

今回のMVは「リップ無し、踊りのみ」という平井さんのシンプルに伝えたい思いが強く、それをストレートに映像にしました。撮影、演出方法でそのシンプルさをいかに強い映像に残せるかが鍵でした。
平井さんと瀧澤さんにはこの曲のリリックとダンスの意味合いを素直に表現していただくことができ、二人の素晴らしい表情が撮影できたと思います。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択