TK from 凛として時雨 全国ツアー終幕、美しい旋律とノイズで彩った一夜をレポート

SPICER
TK from 凛として時雨  Photo by 河本悠貴

TK from 凛として時雨  Photo by 河本悠貴

画像を全て表示(4件)

4月16日、Tokyo Dome City HallでTK from 凛として時雨の全国ツアー『TK from Ling tosite sigure TOUR 2016“Secret Sensation”』が開催された。濃密な1時間半となったツアーファイナル公演の模様を、オフィシャルレポートでお届けする。


TK from 凛として時雨が最新ミニ・アルバム『Secret Sensation』を引っさげ、全国5か所をまわったツアー『Tour 2016“Secret Sensation”』。その最終公演が4月16日、Tokyo Dome City Hallにて開催された。

この日のチケットは完売。ステージ全体を覆うスクリーンの向こうにバンドメンバーの影が映ると、満員の会場から大きな拍手と歓声が起こった。ライヴはメランコリックなメロディを奏でる「subliminal」からスタート。冒頭から動と静を行き交うアレンジで揺さぶりをかけ、スクリーンには何か巨大な物が崩れ落ちるような画が映し出される。その美しくも不穏な幕開けに固唾を飲んでいると、続いてヴァイオリンの優雅な音が映える「flower」へ。TKはこの曲の途中でアコギからエレキギターへと持ち替え、一気にフロアを音の渦へと引き込んでいく。

TK from 凛として時雨  Photo by 河本悠貴

TK from 凛として時雨  Photo by 河本悠貴

ギターの切っ先鋭い音が耳を突き刺す「Crazy Tampern」で白熱した演奏を聴かせた後、一瞬のブレイクを挟んで新作のタイトル曲「Secret Sensation」へ。高鳴る鼓動のようなビートに乗り、TKがいつになくセンチメンタルなメロディを歌いあげる。心に秘めた衝動を、“誰にも見えないダンスフロア”という謎めいた情景になぞらえて描くこの曲は、ライヴの場で聴くと物語性がいっそう際立つ。流麗なヴァイオリンの響き、きらめくシンセの音色、そしてスペーシーな映像の効果もあり、会場全体が幻想的なムードに包まれる。この後続けた新曲「ear+f」もまた、浮遊感と広がりのあるサウンドで、新作で掴んだ新たなモードを感じさせた。

そんな幻想的な空気を一気に切り裂いたのが、TKがギターの超絶テクを見せつける「Abnormal trick」。複雑すぎるリフをバンドメンバー全員でせめぎあうようにたたみかける、まさにアブノーマルな構造を持つ曲だが、全パートの音が鮮やかにくっきりと聴こえてくる。これはおそらくバンド5人の立ち位置も大きく関係しているだろう。ステージ前方には、ベースのTOKIE、ギター・ヴォーカルのTK、ドラムのBOBOが横一列に並び、その一段上に、前列の3人とは重ならないようにヴァイオリンの佐藤帆乃佳、鍵盤の大古晴菜が並ぶ。全パートの音が対等に、有機的に共鳴しあうポジショニングで、5人全員の一挙手一投足が目に入りやすく、いかに緻密な演奏を繰り広げているのかがわかる。5人の音が濃密に絡み合う「kalei de scope」、音数が少なめで各楽器の音が引き立つ「contrast」と、曲によって異なるアプローチをしていることも一目瞭然で、一瞬たりとも飽きさせない。

TK from 凛として時雨  Photo by 河本悠貴

TK from 凛として時雨  Photo by 河本悠貴

中盤では趣を変え、TKがひとりステージに立ち、ピアノ弾き語りの「罪の宝石」でピュアなメロディを紡ぐ。続く「fragile」はエレキ弾き語りで始まり、途中からTOKIEがアップライトベースの弓弾きで重厚な音を重ねる。5人で演奏しているときのTKは生粋のバンドマンであり、音の職人といった佇まいだが、こうした曲では繊細な心情を吐露するシンガー・ソングライターのようでもあり、少し無防備な表情でドキッとさせる。かと思えば、その直後には、静から動へと展開しながら白熱のセッションへとなだれ込む「unravel」で再び轟音の世界へ。さらに早弾きピアノとドラムが躍動的なリズムを刻む「phase to phrase」、華やかでポップな「Fantastic Magic」を経て、もの悲しい旋律が荒涼とした風景を描き出す「film A moment」で本編を終えた。

MCはほとんどなく、アンコールではTKが「メンバー紹介をしないって怒られるので…(笑)」と言葉少なに語った後、凛として時雨の楽曲「shandy」のセルフカヴァーを披露。その後、ピアノ弾き語りで始めた「like there is tomorrow」は、ひときわ切なく美しかった。
ゆったりとしたリズムに、アップライトベースとヴァイオリンの幽玄な響き、そしてカタルシスを生むギターソロ。そのギターの音が少しずつ歪みだし、最後は鼓膜に焼き付くようなノイズに変わると、TKは「ありがとうございました」と一言残し、舞台を去った。潔く、簡潔で、その後も痺れるようなノイズの余韻が続く濃密な1時間半だった。 (text by 廿楽玲子)

TK from 凛として時雨の全国ツアー『Secret Sensation』は、この公演を持って終了。6月からは、凛として時雨の自主企画イベント“トキニ雨”の全国ツアー『凛として時雨Presents “トキニ雨#15”~Hybrid Tornado Edition~』の開催が決まっている。

TK from 凛として時雨  Photo by 河本悠貴

TK from 凛として時雨  Photo by 河本悠貴

ライヴ情報
凛として時雨Presents “トキニ雨#15”~Hybrid Tornado Edition~
 
6月3日(金)|北海道|Zepp Sapporo|Open 18:00/Start 19:00|w/ [Alexandros] 
Info.SMASH EAST 011-261-5569
6月11日(土)|新潟|新潟 LOTS|Open 17:30/Start 18:00|ONEMAN
Info.キョードー北陸 025-245-5100
6月17日(金)|福岡|福岡 DRUM LOGOS|Open 18:00/Start 19:00|w/ clammbon
Info.キョードー西日本 092-714-0159
6月24日(金)|広島|広島 CLUB QUATTRO|Open 18:00/Start 19:00|ONEMAN
Info. CANDY PROMOTION 082-249-8334
6月29日(水)|大阪|なんばHatch|Open 18:15/Start 19:00|w/ MONOEYES
Info.清水音泉 06-6357-3666
6月30日(木)|愛知|Zepp Nagoya|Open 18:00/Start 19:00|w/ MONOEYES
Info.JAIL HOUSE 052-936-6041
7月3日(日)|宮城|仙台PIT|Open 17:00/Start 18:00|w/ キュウソネコカミ
Info.ノースロードミュージック 022-256-1000
7月7日(木)|東京|新木場 STUDIO COAST|Open 18:30/Start 19:15|ONEMAN
Info. HOT STUFF PROMOTION 03-5720-9999
 
【チケット】
■立見:¥4,860 (税込・D代別)
※整理番号順入場
■学割立見:¥3,780 (税込・D代別)
※OFFICIAL HP先行のみのお取扱いとなります。数量限定。
※1996年4月2日以降誕生日の方対象のチケットです。
※ご入場順はランダムとなります。
※ご入場の際、身分証明書を確認させていただきます。学生証・保険証・パスポート等、年齢の分かるものの提示をお願い致します。誤って購入された方への払戻はお受け致しません。十分にご注意ください。
■2F着席指定席:¥5,400 (税込・D代別)
※北海道、大阪、愛知、東京公演のみ。
※公演中は着席にてご覧頂きます。(立見観覧不可)
一般発売:4月30日(土)

 

 

シェア / 保存先を選択