松坂桃李が男娼役、三浦大輔演出のR-15舞台『娼年』に佐津川愛美ら

ニュース
舞台
2016.5.4
三浦大輔演出舞台『娼年』

三浦大輔演出舞台『娼年』


三浦大輔演出の舞台『娼年』の追加キャストが発表された。

8月26日から東京・池袋の東京芸術劇場プレイハウスほかで上演される同作は、石田衣良の小説『娼年』とその続編『逝年』をもとにした作品。フリーターの森中領が、ボーイズクラブのオーナー・御堂静香と出会い、彼女の勧めで始めた男娼の仕事にやりがいを見出していく様や、次第に惹かれ合う2人の恋愛模様を描く。領役を松坂桃李、静香役を高岡早紀が演じることがこれまでに発表されていた。

発表された追加キャストは、領の「情熱の試験」の相手をする静香の娘・咲良役の佐津川愛美、領の客となる女性役を演じる村岡希美、安藤聖、良田麻美、須藤理彩、領の先輩・アズマ役の猪塚健太、田島進也役の米村亮太朗、泉川役の古澤裕介。また美術を三浦作品に初参加となる島次郎が担当することも発表された。

なお同公演は作品の特性上、R-15指定で上演される。東京公演のチケットは6月11日から一般発売。


イベント情報
 
『娼年』
東京公演
2016年8月26日(金)~9月4日(日)全13公演
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 プレイハウス
脚本・演出:三浦大輔
原作:石田衣良『娼年』『逝年』(集英社)
出演:
松坂桃李
高岡早紀
佐津川愛美
村岡希美
安藤聖
良田麻美
須藤理彩
猪塚健太
米村亮太朗
古澤裕介
ほか
料金:S席9,800円 学生席6,500円
※9月に大阪公演、福岡公演も予定
CINRA.NET
シェア / 保存先を選択