楠田亜衣奈、好天にそびえるガンダム前に“皇帝”に即位する

レポート
2016.5.9
ガンダム像を眺める“楠田皇帝”。

ガンダム像を眺める“楠田皇帝”。

5月3日、楠田亜衣奈のイベント「くっすんサポーター応援会 in ダイバーシティ」が東京・ダイバーシティ東京プラザ フェスティバル広場で開催された。

このイベントは開催翌日の5月4日に楠田の2ndアルバム「Next Brilliant Wave」がリリースされることに伴って行われたもの。風が吹き抜ける過ごしやすい陽気のフェスティバル広場には、数百人に及ぶ楠田ファン、“くっすんサポーター”が詰めかけた。

MCを務めたレーベルスタッフの発案で、ニューアルバムのアートワークになぞらえた「楠田皇帝!」コールに迎え入れられた楠田の頭には王冠が乗せられ、左手には“亜衣奈”のイニシアル“A”が大きく書かれた小旗が。その旗を振って声援に応えつつ「そのコール、出づらいよ!」とツッコんだ“皇帝”は、新作のオープニングを飾るハイスピードチューン「Infinite Memories」で広場を盛り上げた。

この日のイベント会場となったフェスティバル広場は、1/1スケールのガンダム像の目の前。そのガンダムを仰ぎながら歌う“皇帝”は、サポーターに「みんなからは見えないと思うけど、今、私はガンダムさんの前に立ってます」と、なぜか胸を張るひと幕を挟みつつ、toku(GARNiDELiA)アレンジのダンスナンバー「内気なバービー」で彼らのクラップを煽ってみせる。さらに「今の『内気なバービー』はアルバムの何曲目に入ってるでしょう? 4択です」と言いながら「4曲目」の選択肢以外は「えーっと……何曲目にしようかな?」と小首をかしげながら適当な曲数をピックアップする、正解モロバレのクイズで観覧エリアを笑わせていた。

そして“皇帝”はこの日のラストナンバーにして、新作のリード曲「POWER FOR LIFE」を、2015年10月のアーティストデビュー時に芽生えたサポーターへの感謝から生まれた曲だと紹介。自身に大きな力を与えてくれたサポーターへの「ありがとうの気持ち」とその恩返しという「双方向のパワー」を込めたというこの曲を笑顔で歌って、ステージを締めくくった。

なおこの日のイベントはミニライブと「喝入れ会」の2部構成。ライブ終了後、“皇帝”はド派手にデコレートされたピコピコハンマーを手に、笑顔で頭を差し出すサポーターたちをピコピコと叩いていた。

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択