少年ジャンプ+ 篠原健太の新境地「彼方のアストラ」新連載開始

ニュース
動画
2016.5.9
彼方のアストラ 少年ジャンプ+より引用

彼方のアストラ 少年ジャンプ+より引用

今、少年ジャンプ+が熱い。衝撃とともに迎えられた新連載「ファイアパンチ」が未だに話題騒然ではあるが、その他の連載陣も強力かつ刺激的な作品が揃っている。

アニメ化もされ、カルチャーとしても話題になりつつある「とんかつDJアゲ太郎」や、宵野コタローが描くハーレム系ディストピア作品「終末のハーレム」などがあるが、本日5月9日より連載開始された「彼方のアストラ」もかなり刺激的でワクワクさせる作品になっている。

作者は以前週刊少年ジャンプで『SKET DANCE』を連載していた篠原健太。『SKET DANCE』ではハイテンションなギャグ描写と個性的なキャラクター、そして緻密に組み上げられたストーリー展開などで人気を博し、アニメ化もされた。

2013年に6年間続いた『SKET DANCE』の連載を終え、TVアニメ 『バトルスピリッツ 烈火魂』のキャラクター原案などを務めた篠原の実に三年ぶりの新連載となった「彼方のアストラ」。

高校の惑星キャンプに旅立つこととなった主人公、カナタ・ホシジマやアリエス・スプリング達が惑星マクバに到着後、謎の現象に巻き込まれ…という展開で幕を開けるSFサバイバル。一話から篠原得意のギャグはもちろん、サスペンス風味を散りばませながら、異星での主人公たちのサバイバルが始まる展開は早く次が読みたくなる。次回更新は5月14日とのことで今から楽しみだ。

また、この第一話は連載開始と同時にボイスドラマが配信されている。「聴くジャン!」として公開されているこのボイスドラマはyoutubeで視聴可能。


声優にも小林裕介、諏訪彩花、保志総一朗など実力派揃い、是非このボイスドラマを聞きながら本編を読んでもらいたい。

篠原健太とSFという全く想像もしなかったケミストリーで読者に挑戦状を突きつけてきた「彼方のアストラ」。本当に今ネット漫画から目が離せない時代になってきている気がしている、SPICEでは近くネット漫画特集を予定している、こちらも楽しみにしてもらいたい。

シェア / 保存先を選択