『ヨコハマトリエンナーレ2017』が開催決定 構想会議メンバーに養老孟司、スプツニ子!ら

ニュース
2016.5.31
ヨコハマトリエンナーレ2017 会場

ヨコハマトリエンナーレ2017 会場

『ヨコハマトリエンナーレ2017』が、2017年8月4日(金)から88日間に渡って開催されることが決定した。

『ヨコハマトリエンナーレ』は、横浜市で 3 年に 1 度行なわれる現代アートの国際展。これまで、国際的に活躍するアーティストの作品を展示するほか、新進のアーティストも広く紹介し、世界最新の現代アートの動向を提示してきた。来年で第6回目の開催となる。

『ヨコハマトリエンナーレ2017』では、国際展の新しい枠組みを目指し、複雑化する世の中の動きをふまえた展覧会コンセプトを検討していくため、ジャンルや世代を超えた9人の専門家からなる「構想会議」が新たに組織されると。また、構想会議での議論を「ディレクターズ」が作家・作品選定や会場構成などの企画に反映させていく。なお、展覧会のコンセプトは今秋発表予定とのこと。

【構想会議メンバー】

・スハーニャ・ラフェル Suhanya RAFFEL
ニューサウスウェールズ州立美術館副館長兼コレクション担当ディレクター
 
・スプツニ子! Sputniko!
現代美術家、マサチューセッツ工科大学メディアラボ助教

・高階 秀爾(たかしな しゅうじ)TAKASHINA Shuji
美術史家、大原美術館館長、東京大学名誉教授

・リクリット・ティラヴァーニャ Rirkrit TIRAVANIJA
現代美術家、コロンビア大学美術学部教授

・鷲田 清一(わしだ きよかず) WASHIDA Kiyokazu
哲学者、京都市立芸術大学学長、せんだいメディアテーク館長

・養老 孟司(ようろう たけし) YORO Takeshi
解剖学者、東京大学名誉教授

 

【ヨコハマトリエンナーレ2017 ディレクターズ】

・逢坂 恵理子(おおさか えりこ) OSAKA Eriko
横浜美術館館長

・三木 あき子(みき あきこ) MIKI Akiko
キュレーター、ベネッセアートサイト直島インターナショナルアーティスティックディレ クター

・柏木 智雄(かしわぎ ともお) KASHIWAGI Tomoh
横浜美術館副館長、主席学芸員

 

イベント情報
ヨコハマトリエンナーレ2017

日程:2017年8月4日(金)から11月5日(日)
※休場日:第2・4木曜日(計6日間)
開場日数 88日間
主会場 横浜美術館:横浜市西区みなとみらい3-4-1
横浜赤レンガ倉庫1号館:横浜市中区新港1-1-1
主 催 横浜市、(公財)横浜市芸術文化振興財団、NHK、朝日新聞社、横浜トリエンナーレ組織委員会
シェア / 保存先を選択