柳楽優弥、安田顕らの初公開映像も 映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』ノンクレジットエンディング

SPICER
映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』 (C)あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会

映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』 (C)あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会

画像を全て表示(2件)

公開中の映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』から、クレジットなしのエンディング映像が公開された。

『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』は、2013年に公開された『HK/変態仮面』の続編。週刊少年ジャンプで連載された人気コミック『究極!!変態仮面』の実写映画化作品である。パンティを被って超人化するヒーロー・変態仮面=色丞狂介役で鈴木亮平が主演するほか、清水富美加、ムロツヨシら前作のキャスト、新キャラクター役で柳楽優弥も出演している。公開後、5月13日、14日のぴあ映画初日満足度ランキングでも1位を獲得するなど好調だ。
 
そんな中公開されたのは、同作のクレジット無しのエンディング映像だ。多少のネタバレを含むので、何も知らずに本編を楽しみたい方、エンディング自体を楽しみたい方は自己責任で視聴してほしい。

 

ノンクレジットエンディングでは、LED覆面ユニット・CTSと南波志帆による主題歌「WAVINESS feat.南波志帆」をバックに、鈴木や、清水、柳楽、ムロツヨシ、片瀬那奈、池田成志、安田顕らの姿が、それぞれのキャラクターを象徴するシルエットで登場する。この演出は、ここ数年のアメコミ映画を観ている方ならピンとくるのではないだろか。また、変態仮面が某アメコミ映画のヒーローそのものの動きで、怪物・ダイナソンと戦うようすもシルエット映像で展開される。そのほか、ヒロインの愛子(清水富美加)がパンティを脱ぐシーンや、柳楽が「しっかり味わいました」と“おいなりさん”を食らうシーン、ムロ演じる大金玉男の新しい姿、そしてブラシャーを被った変態仙人も登場する、初公開カットが満載の映像だ。後半には、初のカラーアニメーションで変態仮面が躍動。最後まで変態仮面とアメコミへの愛があふれる映像に仕上がっている。

映画『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』は、全国公開中

作品情報
『HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス』
 
(C)あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会

(C)あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会

 

出演:鈴木亮平 
清水富美加 柳楽優弥 ムロツヨシ
水崎綾女 皆川猿時 新井浩文 やべきょうすけ 勝矢 足立理 上地春奈 木根尚登 佐藤仁美
片瀬那奈 池田成志 安田顕

監督・脚本: 福田雄一
原作: あんど慶周 「THE ABNORMAL SUPER HERO HENTAI KAMEN」 (集英社文庫コミック版刊)
音楽:瀬川英史
主題歌:CTS「WAVINESS feat.南波志帆」(ユニバーサル ミュージック)
配 給: 東映  
(C)あんど慶周/集英社・2016「HK2」製作委員会  

公式HP: hk-movie.jp

【あらすじ】
パンティが消えるニュースが連日メディアを賑わせている中、狂介(鈴木亮平)は相変わらず愛子(清水富美加)のパンティを被って悪を倒していた。複雑な想いを抱く愛子はパンティを返してもらうが、徐々に二人の心はすれ違い始める。一方、同級生の真琴正は、気づかぬうちに愛子を傷つける狂介への憎悪を募らせていく。愛子を失い、さらに世界中からパンティが消えるという未曾有の危機を迎えた変態仮面の前に、最恐の敵が現れる。
アブノーマル・クライシス すべてのパンティが消えた時、変態仮面の運命は?
シェア / 保存先を選択