森山直太朗、復帰後初ライヴでファンを魅了 アルバム購入者には「肩たたき会」も

SPICER+
森山直太朗  Photo by hajime kamiiisaka

森山直太朗  Photo by hajime kamiiisaka

画像を全て表示(3件)

昨年9月末より約半年間の小休止をしていた森山直太朗が、自身の音楽への想いが詰まったニューアルバム『嗚呼』を6月1日にリリースし、同日、小休止からの活動再開後、公の場では初となるスペシャルライヴでパフォーマンスを行った。

スペシャルライヴでは、これからの季節を感じさせるヒット曲「夏の終わり」から始まり、「今日はアルバムから何曲か聴いてもらって、お渡し会で肩たたきをしたりするので、最後までゆっくり楽しんでください。」と集まったファンに挨拶。その後、ニューアルバム『嗚呼』から、リードトラックとなる「嗚呼」を披露し、森山直太朗にしか創り出せないその世界観と圧倒的な歌唱で、集まった観客を一気に引き込み、魅了した。さらにニューアルバム『嗚呼』から人気のある「魂、それはあいつからの贈り物」「傘がある」を披露。新作アルバムの幅の広い音楽性をみせつけた。

森山直太朗 Photo by hajime kamiiisaka

森山直太朗 Photo by hajime kamiiisaka

MCでは「ちょっとだけ足元をみつめ、過去を遡る時間になったかな~。自分を見つめ直し納得いく曲が出来たら戻ってこれたらなと。自分の中では、未来に向かっていく曲が出来たかなと。この先もアルバムを皆に広く、軽やかに届けていけたらと思っています。」と語り、小休止での思いやアルバムに込めた自身の想いなど語り、久々の公の場で、ファンとの交流を楽しんだ。ラストには、小休止中の音楽制作と離れていた時期に、衝動的に制作したという「金色の空」を披露し、スペシャルライヴを締めくくった。

肩たたき会では、活動再開を心待ちにし、アルバムを購入してくれたファンを相手に感謝の気持ちを込めて、感謝の言葉とともに、森山直太朗がファンひとりひとりに“トントン”と肩をたたきをして、ファンへの感謝の気持ちを表現。小休止からの活動再開後、初の公の場となるラゾーナ川崎プラザで行われた『スペシャルライブ&肩たたき会』は、たくさんの観客が殺到し大盛り上がりの中、幕を下ろした。

この『スペシャルライブ&肩たたき会』は、6月4日(土)15:00~ 大阪・あべのキューズモール3Fスカイコート、 6月5日(日) 15:00~ 名古屋・イオンモール木曽川1F ノースコートでも開催され、小休止からの活動再開後のニューアルバム『嗚呼』の発売を盛り上げていく。

森山直太朗 Photo by hajime kamiiisaka

森山直太朗 Photo by hajime kamiiisaka

セットリスト
スペシャルライブ&肩たたき会 2016.6.1 ラゾーナ川崎プラザ
1. 夏の終わり
2. 嗚呼 (ニューアルバム『嗚呼』収録) ※リード曲
3. 魂、それはあいつからの贈り物 (ニューアルバム『嗚呼』収録)
4. 傘がある (ニューアルバム『嗚呼』収録)
5. 金色の空 (ニューアルバム『嗚呼』収録)

 

リリース情報
ニューアルバム『嗚呼』
発売中
 
初回限定盤
CD+DVD : 品番UPCH-29221
¥3,996(税込)/¥3,700(税抜)
<CD> 
1. 魂、それはあいつからの贈り物
2. 嗚呼 
3. 君のスゴさを君は知らない
4. とは
5. 電車から見たマンションのベランダに干してあったピンク色のシャツ
6. 傘がある
7. 金色の空
8. 本当の君
9. 生きる(って言い切る)
<DVD> 
・嗚呼 Music Video
・魂、それはあいつからの贈り物 Music Video
・生きる(って言い切る) Music Video
・レコーディング・ドキュメンタリー & インタビュー
 
通常盤
CD ONLY : 品番UPCH-20421
¥3,240(税込)/¥3,000(税抜)
<CD>
※初回盤と同じ内容
シェア / 保存先を選択