見えるけど見えない!? 来年全国ツアーの発表も! 「ClariS 1st Live “扉の先へ”」公式レポート到着

レポート
2015.8.3

画像を全て表示(8件)

 2010年のデビュー以来、CD総出荷枚数が100万枚を超え、快進撃を続ける “新感覚☆レトロフューチャーポップユニット”ClariSが、7月31日に初のワンマンライブ「1st Live“扉の先へ”」をZepp Tokyoで行った。チケットはもちろん即完売となったこの公演に集まったファンが埋め尽くす超満員の会場は、開演前からすさまじい熱気に包まれた。

 18時ちょうどにライブはスタートし、遂にClariSの2人がステージに登場。色鮮やかな映像が織りなすClariSワールドの中、デビュー以来謎のベールに包まれていた2人の姿が紗幕越しにはっきり見え、衣装のベールで顔の半分ほどは隠れたままだったが超満員の会場は大熱狂。アンコールを含め全19曲を披露し、最後のMCでは来年に全国ツアーを実施する事が発表された。遂にその姿を現し始めた驚異のユニットClariSから目が離せない。


<<セットリストはこちらから>>


■ClariSプロフィール
 新感覚☆レトロフューチャーユニット。クララとカレンからなる女の子2人組。2010年TVアニメ『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』OPテーマ、シングル「irony」でメジャーデビュー。その後も話題のアニメとタイアップしシングル、アルバムともに立て続けにヒットを連発。
 14年6月にリリースとなった3rdアルバム「PARTY TIME」をもって初代メンバーのアリスが卒業するも、同年11月には新メンバー”カレン”をむかえ新生ClariSが新たな一歩を踏み出すことを発表。
15年4月15日にキャリア初のBESTアルバム「~SINGLE BEST 1st~」を発売。
 ユニット名“クラリス”という言葉には、ラテン語で「明るい、清潔、輝かしい」などの意味。恐るべきアイドルユニットClariSの快進撃は止まらない!

>>ClariSオフィシャルサイト
>>ClariSオフィシャルtwitter
>>ClariSオフィシャルfacebook

アニメイトタイムズ
シェア / 保存先を選択