肉食女子が狙う!アルゼンチンスタイルのバーベキュー

ニュース
2015.8.2

牛肉の食べ方は国により多種多様。日本式だと、すき焼き、シャブシャブに鉄板焼き。韓国式が焼肉でヨーロッパ・アメリカ式がステーキ。ブラジル式だとシュラスコ。ブラジルの南のアルゼンチンはタンゴとワインの国。その名物料理がアサードなのである。

牛肉、チキン、ポークに豚の血の腸詰をじっくり焼いて脂を落とし、シンプルに味付けして豪快に食べるというものだ。アルゼンチンの雄大な草原の香りを感じることだろう。肉食女子ならずとも肉好きなら是非知っておきたい料理。

そんなアサードを本格的に楽しめる店が渋谷駅からそう遠くないところにある。神泉町交差点から淡島通り、坂を下り切った松見坂下から少し上がったところ。黄色いビルだからよく目立つ。1階は道路に面した客席に加えてカウンター席もあり一人でリゾートに来たような雰囲気を楽しむこともできる。

ただしアサードは2人以上で予約のみの対応だから注意が必要。電話をかけると最初の言葉がスペイン語だから一瞬とまどうかも知れない。2階は調理場横の席があり、本物のイグアナも水槽の中にいる。3階はラテンムード一杯のパーティ会場。それに見晴らしのよい屋上もある。食べ物の種類が豊富なだけではなく、アルゼンチンワインだけでなく、飲み物も各種あり、ソフトドリンクも充実。特に夏が雰囲気の出る季節。

スペイン語が通じるかどうか、試してみるのもよい。

コスタラティーナ

東京都目黒区駒場1-16-12Tel:03-5465-0404

営業時間:ディナータイム月曜日-日曜日 18:00-4:00(ラストオーダー 3:00)ランチ:土・日曜日 12:00-15:00

Walkerplus[地域トピックス]
シェア / 保存先を選択