『村上春樹とイラストレーター』展レポート  村上ワールドを彩る佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸の作品を総覧

レポート
2016.6.14
 @girls Artalk

@girls Artalk

画像を全て表示(6件)

西武新宿線の上井草駅を降りて少し歩くとそこだけ昭和にタイムスリップしたかのような素敵な駄菓子屋さんがある。
そこでココアシガレットを買って、ひとまず一服。そのあとでまた少し歩くとたどり着くのが、私の大好きなちひろ美術館だ。ここは高校生以下の入場料が無料だったり、絵本がたくさんあるお部屋、授乳室や『こどものへや』があったりと、子ども連れでも楽しめる美術館で、とても優しい空間が広がっている。

@girls Artalk

@girls Artalk

ココアシガレットを2本食べ終えて、8月7日(日)までちひろ美術館で開催している、企画展『村上春樹とイラストレーター ー佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸ー』を取材した。
二階に上がると、村上春樹の初期3部作の表紙を飾った佐々木マキの作品たちが私を出迎えてくれた。
筆者は古本屋に行くと必ず佐々木マキの本を探すくらいのファンなので、紙のボコボコや絵の具のにじみ具合などのテクスチャーがわかる『羊男のクリスマス』の原画を目の前にし、「きゃぁぁあ!原画なのね!素敵!」と歓喜の声を上げてしまうかと思うほど興奮してしまった。

@girls Artalk

@girls Artalk

次に迎えてくれたのは『村上ラヂオ』でお馴染みの大橋歩。
村上春樹の「エッセイはビール会社が作るウーロン茶のようだと思う」という言葉もあるように、確かに小説が苦手でエッセイしか読まないという人もいるなと、彼女の作品を前にして考えさせられる。
『村上ラヂオ』はドライポイントという銅版で擦られており、白黒の世界からインクのにじみや余白のユーモアからあたたかさが感じられる。

@girls Artalk

@girls Artalk

そのあとで少し同じフロアにある図書館に寄ってみる。たくさんの絵本の中からとびきりの一冊を選んで少し休憩をする。幼い頃読んだ絵本を見ていると、ちびっこの声がどこからともなく聞こえ、まるで私も子どもに戻ってしまったみたい。

@girls Artalk

@girls Artalk

一階に下り展示室に入ると、目に飛び込むのは村上春樹の全集の絵やデザインなどを手がける和田誠氏の作品だ。
彼が手掛ける作品の中でとくに印象的だったのは、 『村上ソングス』の7番目『孤独は井戸』。私のお気に入り絵本ベスト3に入る、和田の『あな』を思わせるからだ。しかし『あな』とは異なり、どこか大人の雰囲気が漂っているのが特徴だ。さらに、ここでは和田誠がはじめて村上春樹と仕事をした『熊を放つ』の装丁なども見ることができる。

@girls Artalk

@girls Artalk

『村上朝日堂』シリーズなどをはじめ、村上春樹が最も多くコンビを組んだと言われるのが、安西水丸だ。
村上春樹の『雑文集』の表紙のかわいい絵、和田誠と安西水丸が手掛けた『仲良し』も見る事ができる。またここでは、その『雑文集』を担当した2人による解説対談を読むこともできる。

私が気になったのは安西水丸氏の画風。何で描いてるの?版画なの?どうやっているの?といろいろな方向から作品を見てみると面白い。きっと彼の作品の前には挙動不審の人がたくさんいるに違いないだろう。

多岐にわたるジャンルで書かれた村上ワールドは、それぞれ異なる4人のイラストレーターによって様々な表情になる。
彼らの描く村上春樹の世界を是非、みなさまにも堪能して頂きたい。

 

(文=鈴木萌夏 写真=新井まる)

イベント情報
村上春樹とイラストレーター -佐々木マキ、大橋歩、和田誠、安西水丸-

期間:2016年5月25日(水)〜8月7日(日)
会場:ちひろ美術館・東京 (東京都練馬区下石神井4-7-2)
開館時間:10:00〜17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝休日は開館、翌平日休館)
※GW・8月11日(木)~20日(土)は無休
※8/1は開館
入館料:大人800円/高校生以下無料
グループ(有料入館者10名以上)、65歳以上の方、学生証をお持ちの方は100円引
障害者手帳ご提示の方は半額。介添えの方は1名まで無料/視覚障害の方は無料
シェア / 保存先を選択