が~まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2016 初日レポート

SPICER
が~まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2016

が~まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2016


超絶技巧なパントマイムで観るものを驚かせ、そして笑顔にするサイレントコメディー・デュオ、が~まるちょばのJAPAN TOUR 2016が6月16日(木)銀河劇場にてスタートした。

赤いモヒカンが目印の“ケッチ!”と黄色いモヒカンの“HIRO-PON”の二人が繰り出す様々なパントマイムは日本のみならず海外でも大人気。今回のTOURでは、おなじみのパントマイムを次々と繰り出す「が~まるSHOW」、パントマイムを使いながらのショートコント、そしてファンの間でも名作と呼ばれる『街の灯』を上演する。この公演初日の模様をお届けしよう。

が~まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2016

が~まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2016

が~まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2016

が~まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2016

初日に詰めかけた観客は文字通り老若男女。幅広い層が銀河劇場を埋め尽くした。オープニングの暗転状態ですでに手拍子が鳴りやまない。この日を楽しみにしていた喜びが肌で感じられる。

そしてついに二人が登場。歓声に指笛まで飛びかう中、ショーが始まった。

が~まるちょばのパントマイムでも特に知られている、重くて持ち上がらない、もしくはなぜか空中で動かなくなる金属製のバッグを使ってのパフォーマンス、黒い板壁を使って時にありえない長さに手足が伸びたり、壁の向こうに人が吸い込まれ、そして吐き出される様に、小学生くらいの子どもたちはうわー! スゲー! と身を乗り出しながらのめりこみ、スーツ姿のマジメそうな大人たちもゲラゲラと大笑い。

が~まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2016

が~まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2016

が~まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2016

が~まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2016

彼らにとっては観客も小道具の一つ。遅れて入場したお客を全力でいじり、時にはステージにあげて参加させる。いじられる客も最初は戸惑いを見せるが、あっという間に二人のパワーに飲み込まれ、気が付けば満面の笑顔だ。

『が~まるSHOW』で腹筋とアタマがほぐれたところで、ショートコントのコーナーへ。

徐々にストーリー性が強くなるにつれ、観客のさまざまな想像力と経験値の違いで前のコーナーとはまた違う笑いの波が生まれていた。例えば「やかん」をテーマにしたコントでは、やかんを使う男のなにげない仕草に普通に笑う客の隣で、身もだえしながら爆笑する客あり。この客、もしくはその身近な人が日頃そういう仕草をするんだろうな、と思わず想像してしまう。

休憩をはさみ、前回ツアーでの上演から7年ぶりとなる『街の灯』へ。チャールズ・チャップリンが監督・脚本・製作・主演したサイレント映画の名作を、字幕すらなくし、二人がパントマイムだけで演じていく。犯罪に手を染めて警察に追われる男が、目が見えない花売り娘と出会う。娘のやさしさに触れた男はいつしか彼女の目の手術費用を工面しようと必死で働く。そして…。

が~まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2016

が~まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2016

まったくセリフがないのに、どうしてこんなに「言葉」や「想い」が伝わってくるのだろう。もちろん『街の灯』は知っているが、二人のパントマイムが観るものの想像力をかきたて、セリフ以上のものを鮮やかに伝えてくるので、思わず涙がこぼれそうになる。子どもたちにはさすがに難しいか、寝てしまうかと思ったが、一幕以上に集中して舞台を見つめている姿を見て、その心配が杞憂だったと知った。映画でもドラマでも、普通の演劇でも実現できない素晴らしい作品だった。

が~まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2016

が~まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2016

「言葉」に頼らなくても、それに代わる表現方法があれば、「言葉」以上の感動を伝えられる。が~まるちょばはそれができる唯一無二の存在なんだと、改めて感じた舞台だった。

北は北海道から南は九州まで、様々な都市で上演されるこの舞台、お近くに来たときは、ぜひ足を運んでいただきたい。

公演情報
が~まるちょば サイレントコメディー JAPAN TOUR 2016

■作・演出・出演:が~まるちょば(ケッチ!/HIRO-PON)
■プロデューサー:熊手 和宏
■日時・会場:
2016年6月16日(木)~19日(日)【東京】天王洲 銀河劇場
2016年7月3日(日)【栃木】足利市民プラザ 文化ホール
2016年7月8日(金)【広島】東広島芸術文化ホールくらら 大ホール
2016年7月9日(土)【岡山】岡山市民会館 大ホール
2016年7月10日(日)【鳥取】とりぎん 文化会館 梨花ホール
2016年9月23日(金)【大分】ホルトホール大分 大ホール
2016年9月24日(土)【福岡】キャナルシティ劇場
2016年9月30日(金)【宮城】電力ホール
2016年10月1日(土)【福島】會津風雅堂
2016年10月9日(日)【静岡】長泉町文化センター・ベルフォーレ ホール
2016年10月10日(月・祝)【静岡】浜松市浜北文化センター 大ホール
2016年10月14日(金)~16日(日)【大阪】森ノ宮ピロティホール
2016年10月20日(木)【北海道】札幌市教育文化会館 大ホール
2016年11月12日(土)【千葉】千葉市民会館 大ホール
2016年11月19日(土)【新潟】りゅーとぴあ(新潟市民芸術文化会館)劇場
2016年11月20日(日)【埼玉】さいたま市民会館おおみや 大ホール
2016年11月23日(水・祝)【高知】高知市文化プラザかるぽーと 大ホール
2016年11月25日(金)・26日(土)【愛知】中日劇場
2016年12月17日(土)・18日(日)【神奈川】KAAT神奈川芸術劇場 ホール
■公式サイト:
http://www.gamarjobat.com/
 

(足利市民プラザ 文化ホール)
 
シェア / 保存先を選択