みんながショパンに夢中になる? 宗次ホールの新企画!クラ女のためのショパンシリーズ

SPICER
ピアノ 百瀬愛莉(左)/お話 おおはたれいこ(右)

ピアノ 百瀬愛莉(左)/お話 おおはたれいこ(右)

画期的な企画でクラシック音楽ファンを増やし続ける宗次ホール。また新たな企画が始まる。その名も『クラ女のためのショパンシリーズ』。

相撲を愛してやまない「スー女」、歴史が大好きな「歴女」…そして次は「クラ女」? クラ女とはクラシックを愛してやまない女性のことをいい、日々の生活の潤いや癒しとして、また今よりもっと輝く自分への糧として、クラシック音楽に親しむ女性が増えている。クラ女はなかでもショパンが大好きなんだとか。ショパンの名曲の数々は、甘く優しく女性を包み込み、夢見心地の気分にさせてくれる。そんな女性の夢と憧れがいっぱい詰まったショパンをテーマにコンサートを行う。

今回のシリーズ第1弾は、ショパンはどのような人物だったのか、世紀の大恋愛としての伝説で今も知られるショパンとジョルジュ・サンドについて、さらに本家本元ポーランドからみても特殊だと言われるくらい日本ではショパンを愛されている。なぜショパンを好むのか? なぜショパンの曲は日本人の琴線に触れるのか? 様々な説をあげながら誰もが知っている『ノクターン2番』や晩年の傑作『幻想ポロネーズ』などを演奏する。

公演情報
【ランチタイム名曲コンサートvol.1410】クラ女のためのショパンシリーズ vol.1 ショパンの調べ

◆日時:2016年6月25日(土) 11:30開演
◆会場:宗次ホール(名古屋・栄)
◆出演:ピアノ 百瀬愛莉 お話 おおはたれいこ
◆曲目:
オールショパンプログラム
練習曲 ハ短調 Op.10, No.12 「革命のエチュード」
ワルツ 変ニ長調 Op.64-1「小犬のワルツ」
「24 の前奏曲」より 第 7 番
「24 の前奏曲」より 第 15 番「雨だれ」
ノクターン 変ホ長調 Op.9-2
幻想ポロネーズ 変イ長調 Op.61
◆料金:¥1000(全席自由)
◆公式サイト:http://www.munetsuguhall.com/​

 

シェア / 保存先を選択