ナオト・インティライミがミュージカル初出演、東洲斎写楽守る青年役で

左からナオト・インティライミと小関裕太。

左からナオト・インティライミと小関裕太。

2016年1月より東京・新国立劇場 中劇場で上演されるミュージカル「DNA-SHARAKU」にナオト・インティライミが出演することが発表された。

「DNA-SHARAKU」は冲方丁の原案をもとに、小林香が演出と脚本、作詞を担当するミュージカル。今回ミュージカル初主演となるナオトは同じく主演を務める小関裕太とともに、人工知能に支配され、日本人の持つ「創造する心」を根絶やしにするため、過去にさかのぼり抹殺を繰り返す未来政府に命を狙われる絵師・東洲斎写楽を守る青年を演じる。出演に際しナオトは「強力な共演者、スタッフの皆様に、『ミュージカルとはなんぞや』をビシバシご指南いただきながら、精一杯自分の持ち味も出しながら、立ち向かっていきたいと思います」とコメントしている。

ナオト・インティライミ コメント

初めてのミュージカルへの挑戦ということで、武者震いしております。
強力な共演者、スタッフの皆様に、「ミュージカルとはなんぞや」をビシバシご指南いただきながら、精一杯自分の持ち味も出しながら、立ち向かっていきたいと思います。
4つの時代を行き来するワクワクするファンタジーな世界。その物語を通して、自分の未来、自分がいなくなってからの世界のことを考える、とても貴重なきっかけになる機会であると感じております。

小関裕太 コメント

初めてこのお話のことを聞いた時、ものすごく巨大な隕石が胸に飛び込んできた気分でした。音楽界、ミュージカル界、ダンス界、テレビ界など様々なジャンルで僕が尊敬している方々の中で今回役を生きられることがとっても嬉しくて興奮しております。
そして4つの時代を飛び回る壮大な世界観の中で、浮世絵をはじめとした“日本の美”を感じられる優美なミュージカルになると確信しています。全力で参加させて頂きます。心から離れないエンターテイメントを作っていきたいです!

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択