デヴィッド・ボウイの未発表ポートレートを紹介、M・クリンコ写真展

 ©Markus Klinko

©Markus Klinko

マーカス・クリンコの写真展『David Bowie Unseen』が、7月8日から東京・代官山のGALLERY SPEAK FORで開催される。

スイス生まれのマーカス・クリンコは、クラシックハープ奏者としてのキャリアを経て1996年にファッションフォトグラファーに転向。2002年に発表されたデヴィッド・ボウイのアルバム『Heathen』のジャケットや、ボウイの妻イマン・アブドゥルマジドのアートブック『I am Iman』を手掛ける。さらにBeyonce、Lady Gaga、ジェニファー・ロペス、ブリトニー・スピアーズらのビジュアルイメージ作りに携わるほか、『VOGUE』『Vanity Fair』『GQ』などで活動している。

ボウイの死を受けてクリンコが発起した同展は、アメリカ・マイアミ、ハリウッド、スイス・バーゼル、フランス・パリなど世界中を巡回。『Heathen』リリース前後に撮影された未公開のポートレートを中心に、当時のフィルムをスキャンし、プリントした作品約20点が展示される。展示作品は全て販売されるほか、会場では机上用のミニプリントを販売。

イベント情報

マーカス・クリンコ写真展
『David Bowie Unseen』

2016年7月8日(金)~7月20日(水)
会場:東京都 代官山 GALLERY SPEAK FOR

時間:11:00~19:00(7月20日は18:00まで)
休廊日:木曜
料金:無料

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択