関ジャニ∞丸山隆平がメンバーに「いつ観にくるかは言わないで!」舞台『マクベス』開幕

SPICER
舞台「マクベス」三上市朗、安藤聖、遠藤要、窪塚俊介

舞台「マクベス」三上市朗、安藤聖、遠藤要、窪塚俊介

関ジャニ∞の丸山隆平が主演を務める舞台「マクベス」が6月26日(日)東京グローブ座にて初日を迎えた。この日の本番直前、同劇場にて公開稽古が披露された。

「マクベス」とは劇作家W・シェイクスピアの四大悲劇の一つ。スコットランドの将軍マクベスは妻と謀って主君ダンカン王を暗殺し王位につく。政敵になりうる人物を次々殺害するも、疑心暗鬼から徐々に精神を病んでいく。一方暗殺された主君の息子マルコムはイングランドに逃げ落ち、同じく母国から逃げてきたマグダフらとともに復讐の時を待っていた…。

舞台「マクベス」

舞台「マクベス」

舞台「マクベス」

舞台「マクベス」

公開稽古では本編の冒頭を上演。マクベスが僚友バンクォーと共に反乱軍を制圧、その帰路に3匹の魔物に出会う。魔物たちは「マクベスはコーダーの領主となり、やがて王になる」「バンクォーは王を生み出すものになる」という予言を残す。不思議に思うマクベスだったが、やがてその一部が現実のものとなり――。現代風の軍服に身を包むマクベス、さらにはコンテンポラリーダンスのような動きでマクベスを翻弄する魔物たちが、ステージ上手袖に置かれたバンドの生演奏とともに、これから起きる物語の序章を描いていた。

舞台「マクベス」

舞台「マクベス」

舞台「マクベス」

舞台「マクベス」

公開稽古のあと行われた会見には、丸山と遠藤要(マグダフ)、安藤聖(マクベスの妻)、窪塚俊介(マルコム)、三上市朗(ダンカン王)が姿を現した。

丸山にとっては2012年の「BOB」以来、4年ぶりとなる舞台。久しぶりの舞台について「毎回初心ですね。演目も違えば年齢も違う新たな気持ちで取り組んでいる。グローブ座の前にでっかいポスターがバーンと貼られるとワクワクする。やっててよかった」と答える。そのポスターの出来が非常に良い、カッコイイという言葉に「これ、マルちゃんじゃないよね?」と、遠藤から速攻でツッコまれた丸山は、「よく言われるんですが…ボクってことにしといてください」と笑って返していた。

シェイクスピア戯曲を数多く上演したロンドンのグローブ座を模して造られた東京グローブ座で「マクベス」を上演することについて、丸山は「恵まれた演目でありハードルも高く、いろいろな方が演じられてきた。あまり演劇に興味がないうちの父が「『マクベス』やるんだろ?と言ってきたくらい、誰もが一度は見たり聞いたことがある作品。いいプレッシャーを感じながらできたら」とコメント。
ちなみに父はもちろん、関ジャニ∞のメンバーにも「観に来てほしいけどいつ来るかは言わないでほしい。意識してしまうし邪念が入る」とやや恥ずかしそうに本音を口にしていた。

舞台「マクベス」

舞台「マクベス」

そんなメンバーにどんな自分を見てほしいか?という質問には「“マルベス”な自分を見てほしい。丸山隆平にしか演じられない『マクベス』のことを“マルベス”と言います」と答える。実はこの“マルベス”はメンバーの村上信五が言い出した言葉。「“マルベス”、調子はどうや?って聞いてくるんです。メンバー間の身内いじりです(笑)」

そんな丸山に遠藤は「アイドルの丸ちゃんではなく、役者・丸山隆平が観れますよ!絶好調ですから。主役のエネルギーがすごいですから。観た人はビビビーンと感じちゃうんじゃないかな?女の子なら。袖で観ていてもカッコイイです」

そして、丸山と「ギルバート・グレイブ」以来の共演となる三上は「出演が決まった瞬間、丸山から『陛下!』というメールが届いた」と笑う。「マルの取り組み方もわかっているし信用している。今日の日に至るまでにマクベスができあがっていくさまは本当に楽しかった。カメラが回ってないのが残念なくらい」この言葉に丸山も「稽古場には日々の成果を確認するために通っていたように思う」と振り返っていた。

本作に出てくる「魔物」に絡めて、最近そのテのものを見たか?という質問に丸山は「悪夢は見てないですが、食欲の魔物に襲われてますね。食欲が絶えない。甘いものとかめちゃ食べますね。体力使うから痩せました。ただ体重計の電池が切れているので測ってないんです」とボケて笑わせる。

「セリフの量も大変ですがそこに想いや意味、感情を乗せなければならない。シェイクスピアの作品っていろいろなとらえ方があると思うが、この東京グローブ座でしか見れないオリジナリティのあるものを見せたい。32年間、自分が生きてきた経験などがどこかに活かせていけたら」座長らしくしっかりとした言葉でこれからの公演に対する意気込みを見せる丸山だった。

【おまけ】
会見前の写真撮影時、突然「トゥー リアル、トゥー フェイク イット!」と謎の言葉をつぶやく丸山。それが弊社カメラマンが着ていたTシャツの文字(TOO REAL TO FAKE IT!)を音読していただけ、とわかると、共演者たちがたまらず大笑い。そのときの共演者の笑顔はこちら。一瞬にして最高の笑顔を引き出す丸山座長でした!

三上市朗、安藤聖、遠藤要、窪塚俊介

三上市朗、安藤聖、遠藤要、窪塚俊介

公演情報
舞台「マクベス」

■日時:2016年6月26日(日)~7月24日(日)
会場:東京グローブ座
作:W・シェイクスピア
演出:鈴木裕美
出演:
丸山隆平
遠藤要 安藤聖 奥村佳恵 石田佳央 三上市朗 窪塚俊介 ほか

公式サイト:http://www.macbeth2016.jp/
シェア / 保存先を選択