みうらじゅん企画×安齋肇監督 18禁青春映画『変態だ』が公開へ 前野健太、白石茉莉奈、月船さららで“ロック&ポルノ”

SPICER
 ©松竹ブロードキャスティング

©松竹ブロードキャスティング

みうらじゅん企画×安齋肇監督の映画『変態だ』が12月10日に公開されることが決定した。あわせてビジュアルも解禁されている。

『変態だ』は、松竹ブロードキャスティングの“オリジナル映画プロジェクト”の番外編として、同社運営のCS局・衛星劇場でポルノ映画の紹介番組のMCをつとめていたみうら氏のもと「みうらじゅんが今見て見たいポルノ映画を作ろう」というコンセプトで発足した企画だ。同作で、バラエティ番組「タモリ倶楽部」(テレビ朝日系)の“空耳アワー”でも知られるイラストレーター・安齋肇氏が監督としてデビューする。

同作の主人公は、一浪のすえ、都内の二流大学に進学した普通の男。偶然入ったロック研究会でのバンド活動を契機に、ミュージシャンとしての道を歩みだすところから物語は始まる。男は結婚し、妻と息子との家庭生活を送るが、一方では学生時代から続く妻以外の女性との愛人関係を断てずにいた。そんなある日、彼の日常は地方の雪山でのライブ公演を境に一変することに。雪山を舞台に、物語は衝撃のラストに向けて走り出すという。

主人公の男はシンガーソングライター・前野健太が演じる。『アイデン&ティティ』の峯田和伸、『色即ぜねれいしょん』の渡辺大知(黒猫チェルシー)につづき、ミュージシャンとしてみうらじゅん原作映画で劇映画初主演を果たす。また、主人公の妻をTV・映画・雑誌など幅広いジャンルで活躍するセクシー女優・白石茉莉奈が、主人公の愛人を元宝塚歌劇団月組男役スターで女優の月船さららが演じるなど、個性豊かなキャストが集結している。にわかに“不倫”がクローズアップされている昨今、果たして不倫は“ゲス”なのか? “文化”なのか? それとも、性という甘い蜜に群がる“本能”なのか? そして、タイトル『変態だ』の意味とは。みうら氏と安齋監督は、“ロック&ポルノ”をテーマに何を描くのか。

劇場公開決定にともない、みうら氏、安齋監督のコメントも到着している。


安齋肇監督
 映画って本当に素晴らしいですね。でも大変だ。今まさに有能なスタッフ達と最後の最後の追い込み中です。大変だ。でもこんなチャンス、二度とないですから。似合わないかもしれませんが、粉骨砕身ロックしています。主演の前野健太が死に物狂いで変態するサマを、是非ご覧ください。

みうらじゅん氏
「ポルノ映画、撮りませんか?」、そんなこと頼まれてはお断わりする理由も見つからず、早速、監督を安齋さんにお任せしました。18禁だから大概のことはやってもいいとお伝えし、原作をお渡ししましたが、安齋さんは現場に遅刻することなく低予算の中で全く新しい青春ポルノ映画を完成。たぶん今年のアカデミー賞を総ナメされることでしょう。 


映画『変態だ』は、12月10日(土)より新宿ピカデリー他、全国順次公開
 

作品情報
映画『変態だ』
(2015/日本/75分 )

出演:前野健太、月船さらら、白石茉莉奈 他
監督:安齋 肇/企画・原作:みうらじゅん(原作「変態だ」小説新潮掲載)
脚本:みうらじゅん、松久 淳
制作:ドラゴンフライエンタテインメント 
配給:松竹ブロードキャスティング アーク・フィルムズ 
【物語】一浪の末、都内の二流大学に進学した男(前野健太)。特別な才能があるわけでもない普通の男は、偶然入ることになったロック研究会でのバンド活動を契機に、ミュージシャンとしての道を歩みだす。 やがて結婚し、妻(白石茉莉奈)と生まれたばかりの息子とのごくごく普通家族生活を送っているが、実は学生時代から続く妻以外の女・薫子(月船さらら)との愛人関係を断てずにいた。 そんなある日、地方の雪山でのライブ公演の仕事が入り、愛人を連れて旅行気分で出かける男。そしてステージに立ったその時、彼の目に飛び込んだのは、妻の姿? 雪山を舞台に物語は衝撃のラストに向けて走り出す。 
©松竹ブロードキャスティング 
公式サイト:hentaida.jp

 

シェア / 保存先を選択