NOKKO、80年代のREBECCAを振り返る場面も「好きなことを耕し続けることが大事」 映画『シング・ストリート 未来へのうた』公開記念イベント

レポート
2016.7.6
NOKKO

NOKKO

画像を全て表示(3件)

7月5日、東京渋谷のシネクイントで行われた映画『シング・ストリート 未来へのうた』公開記念イベントに、シンガーソングライターNOKKOが登壇した。

『シング・ストリート 未来へのうた』は、『ONCE ダブリンの街角で』『はじまりのうた』で音楽をテーマに出会いを描き、世界的な評価を得たジョン・カーニー監督の最新作。今回の舞台は1985年、歴史的な不況に突入したアイルランドのダブリン。公立の荒れた学校に転校した14歳の少年コナーが、自称モデルのラフィーナを振り向かせるためにバンドを結成する物語だ。
 

NOKKO

NOKKO


イベントに出演したNOKKOは、1980年代を代表するバンド・REBECCAの歌姫として人気を誇り、「フレンズ」などのヒット曲を送り出してきた。映画イベントの登壇はこの日が初だという。NOKKOは、80年代を意識したというワンピースで登場すると、映画ポスターを指し「ロゴに入っているネオン管みたいなイメージです」と笑顔でコメント。いち早く観た本作について「すごく良くできているなと思いました。過去に音楽ものの映画を何度か見ているのですが、芝居に力がはいっていて違和感があったのですが、今回は音楽が大好きな人が作ったんだろうなと思いました。作品の舞台は外国なんですけど温かみが伝わってくる作品」と絶賛した。

また、娘と一緒に映画を観に行ったエピソードを笑顔で語っている。NOKKOは仲良しの娘といつも最新POPを聴いているほか、『NHK みんなのうた』で流れる曲を時報代わりに、母娘の会話を楽しんでいるとのこと。MCが「NOKKOさんのライブは見ないですか?」との質問すると、「いつもライブの途中で寝てしまう」と明かし、観客を驚かせる場面も。しかし、「お腹にいたときから歌って聴かせたり、赤ちゃんの時も歌って寝かしつけていた」と歌姫らしいエピソードも披露し、MCを笑顔でうなずかせていた。

NOKKOは劇中で流れる80年代を席巻した数々の大ヒット曲についてもコメント。「サントラをすごい聴きました!」と興奮ぎみに語り、劇中バンド“シング・ストリート”の楽曲については「オリジナルの曲が秀逸。特にバラード曲の『To Find You』が良かった。ちょっと尾崎豊さんを思わせる部分もある」と絶賛した。

また、バンドを始めたきっかけを訊かれると、NOKKOが「自分を表現する中でバンドと出会った」と当時を振り、REBECCA活動時の名曲「フレンズ」のジャケットを見ながら当時について語る場面も。当時の衣装にも触れ、「メインストリームはラブリーなアイドル路線が主流だったけど、抵抗していた」「自分で古着をあさって改造していたし、そんなことをする人たちはいなかった」とエピソードを明かし、当時を懐かしんでいた。

最後にNOKKOは「音楽が秀逸でお見事。影響されちゃう」と見どころを語り、「何が実るかわからないけど好きなことを耕し続けることが大事。自分を信じることが一番大事」と集まった観客にエールを送り、大盛り上がりのすえイベントは終了した。
 

映画『シング・ストリート 未来へのうた』は7月9日(土) ヒューマントラストシネマ有楽町、渋谷シネクイント 他全国順次公開
 

作品情報
『シング・ストリート 未来へのうた』
 


監督・脚本:ジョン・カーニー 『ONCE ダブリンの街角で』、『はじまりのうた』 
出演:フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、エイダン・ギレン、マリア・ドイル・ケネディ、ジャック・レイナー、ルーシー・ボーイントン

【あらすじ】
1985年、大不況のダブリン。人生の14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのMVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィーナの大人びた美しさにひと目で心を打ちぬかれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛特訓&曲作りの日々が始まったー。 
 
© 2015 Cosmo Films Limited. All Rights Reserve

 

シェア / 保存先を選択