back number 大きなバンドになったとしみじみ思う、日本武道館レポート

レポート
2016.8.7
back number 撮影=半田安政(Showcase)

back number 撮影=半田安政(Showcase)

画像を全て表示(8件)

back number tour 2016“ミラーボールとシャンデリア”
2016.7.14(THU)日本武道館

一か月前、一日で16,000人を集めた幕張メッセの、あの巨大な空間と比べると、武道館のステージはやけに近い。『back number tour 2016“ミラーボールとシャンデリア”』、アリーナ編の追加公演。武道館2DAYSの、初日。幕張メッセで感じたのが、ちょっぴり特別感のある非日常だとすれば、武道館は日常。それは距離だけの話ではなく、バンドとファンが発する雰囲気のことだ。空気が柔らかく、バイブスが心地いい。あらためて、大きなバンドになったなとしみじみ思う。

back number 撮影=半田安政(Showcase)

back number 撮影=半田安政(Showcase)

序盤は、勢いよく。バンドは相変わらず絶好調で、清水依与吏の歌を真ん中に、サポートの3人を含め、がっちりとスクラムを組んで盛り立てる。精密でハイファイに感じた幕張の音響よりも、生々しくふくらみのある音は、武道館ならでは。依与吏が「飛べ!」と煽ると、全員が揃ってジャンプ。笑顔でサムアップする依与吏。ライブハウス武道館へようこそ、と言ったのは誰だっけ。ここにあるのは、まさにライブハウスの親近感だ。

back number 撮影=半田安政(Showcase)

back number 撮影=半田安政(Showcase)

「この建物を建てた建築業者に感謝します」。依与吏らしい、ユーモラスな表現をまじえたトークに観客が湧く。「一生懸命作った歌を、一生懸命やるしかないので」。そう語る言葉に、あたたかい拍手が起こる。歌はもちろん、音楽や生活についてのこだわりをユーモアにくるむ、彼の独特な語り口は、back numberのライブの大きな魅力の一つ。時々空回りして、収拾がつかなくなることもあるが、今日は大丈夫。ライブは、快調に進んでゆく。

back number 撮影=半田安政(Showcase)

back number 撮影=半田安政(Showcase)

たとえば、悲しい曲を連ねたパート。たとえば、ダンサブルな曲で踊らせるパート。シングル曲も盛りだくさんで、さわやかポップな「SISTER」や、得意の妄想ラブソング「ヒロイン」、いつどこでやってもフロアが沸騰する盛り上げチューン「高嶺の花子さん」。そして、猛烈にハードな高速ロックチューン「サイレン」など。デビュー5年の集大成作『シャンデリア』に収められた曲も、ライブを重ねるごとに成長している。どれだけもの悲しいバラードでも、ぐっと拳を握るような、力強いグルーヴがある。

back number 撮影=半田安政(Showcase)

back number 撮影=半田安政(Showcase)

「今までにリリースした曲が、83曲。その中からセットリストを選ぶのは大変なんだよ、聴きたい曲が聴けなかったらごめんね」。そう言いながら、セットリストにない曲を、さらっと弾き語りでワンコーラス。笑顔で見守るメンバー。降り注ぐ大歓声。かっちり作り込まれたライブが多い中、彼らのこうした自由なふるまいには、心がじんわりとあったかい気持ちになる。

「これからも、自分たちは本当に思っていることだけを、歌っていきます。ここにいるみんなを幸せにする曲は、たぶん書きません(笑)。なんで思うようにならないんだ?ということを歌いたくて、バンドをやっているので」(清水依与吏)。

back number 撮影=半田安政(Showcase)

back number 撮影=半田安政(Showcase)

終わってみれば、2時間半オーバー。視覚効果を盛り上げるセット、ライト、演出、そしてミラーボールはあるものの、主役はあくまで歌。そして、それを支える小島和也、栗原寿の成長ぶりも、特筆しておく。派手なプレーを一切排して、依与吏が歌いやすいように、バンドの土台を支える寿。力強くビートを支えながら、コーラスをしない曲でも、ずっと歌っている和也。依与吏の歌の一番のファンが、ステージ上にいること。それこそが、back numberの強み。

back number 撮影=半田安政(Showcase)

back number 撮影=半田安政(Showcase)

特に後半、様々な感情のるつぼの中から、一筋の希望の光が空高く放たれるような、爽快な解放感をぜひお楽しみに、とだけ言っておく。通算84曲目、映画『ルドルフとイッパイアッテナ』主題歌「黒い猫の歌」の配信リリースも決まった。バックナンバーという名前のバンドが、新しい物語をどんどん生み出してゆく面白さ。この喜びが続きますようにと、明るくなった場内で、余韻をずっとかみしめていた。

取材・文=宮本英夫 撮影=半田安政(Showcase)

back number 撮影=半田安政(Showcase)

back number 撮影=半田安政(Showcase)

 
 
リリース情報
デジタルシングル 「黒い猫の歌」
2016年8月1日(月)配信スタート
※7月13日(水)よりiTunesで予約注文スタート

 

映画情報
映画『ルドルフとイッパイアッテナ』
8月6日(土)より 全国東宝系にて3D/2D公開
【ストーリー】
大好きな飼い主と突然はなればなれになってしまった黒猫のルドルフ。
迷い込んだ長距離トラックで辿り着いた先は、大都会・東京。
そこで出会ったのは町で最も恐れられている大きなボス猫・イッパイアッテナ。
ルドルフは故郷へ帰ることもできずイッパイアッテナとともにノラ猫として生きていくことに。
しかし、イッパイアッテナには思いもよらないヒミツがあったのです―。
出演:井上真央、鈴木亮平、八嶋智人、古田新太
原作: 「ルドルフとイッパイアッテナ」(斉藤洋・作)
監督:湯山邦彦・榊原幹典
脚本:加藤陽一
製作:2016「ルドルフとイッパイアッテナ」製作委員会
配給:東宝
公式サイト:http://www.rudolf-ippaiattena.com/
公式Twitter:@rudo_ippai
公式ハッシュタグ:#ルドルフとイッパイアッテナ
 
シェア / 保存先を選択