『刀剣乱舞-ONLINE-』に天下五剣「大典太光世(おおでんたみつよ)」が登場 声は浪川大輔が担当、デザインは三輪士郎

ニュース
2016.8.5
『刀剣乱舞』開発・運営Twitter(https://twitter.com/TOUKEN_STAFF)より引用

『刀剣乱舞』開発・運営Twitter(https://twitter.com/TOUKEN_STAFF)より引用

オンラインゲーム『刀剣乱舞-ONLINE-』に新たな刀剣男士「大典太光世(おおでんたみつよ)」が追加されることが、ゲーム公式Twitterアカウントで明らかになった。

『刀剣乱舞-ONLINE-』は、名だたる刀剣が戦士の姿になった“刀剣男士”を育成するシミュレーションゲーム。新たに公開となった大典太光世について、公式Twitterでは下記のように説明されている。

天下五剣のひとつで、三池典太光世作の太刀。同時代の刀剣とは作風が隔絶しており、その異質さからか枕元に置けば病も治るとされた霊刀。 小鳥などの動物が恐れて近寄れないほどの強い霊力を持つ。普段は厳重に蔵に仕舞われていた正真正銘の蔵入り息子。

 

加えて、彼のセリフとしては「……どうせ俺の使い道は、誰かが病に倒れた時だけ。そうじゃないのか?」という言葉が明らかになっている。また、大典太光世の声は、声優の浪川大輔が担当する。

なお、この大典太光世のデザインは漫画家・イラストレーターの三輪士郎が担当したことが、三輪本人のTwitterを通じて明かされている。

 

シェア / 保存先を選択