サマソニ出演をかけた「出れんの!?サマソニ!?」ファイナリスト決定

ニュース
音楽
2016.8.8
SUMMER SONIC 2016

SUMMER SONIC 2016

画像を全て表示(17件)

レディオヘッド、アンダーワールド、サカナクション、THE YELLOW MONKEYなどが出演することでも話題の『SUMMER SONIC 2016』(以下、サマソニ)。8月20日(土)・21日(日) の開催を前に、そのステージへの出演をかけて行なわれた一大オーディション「出れんの!?サマソニ!?」(通称、出れサマ)のファイナリストが決定した。

今年の「出れサマ」は、過去最大規模となるSONIC、RAINBOW、BEACH、ISLANDの4つのステージへの出演チャンスがあり、音源・映像での第一次審査、スタジオでの第二次審査、そして第三次となるライブ審査を経て16組を選出。そしてこのほど、SONIC STAGEに出演できる「CREATIVEMAN賞」、RAINBOW STAGEに出演できる「RAINBOW賞」、BEACH STAGEに出演できる「BEACH賞」の各受賞アーティストが発表された。

各アーティストの日割り、プロフィールは以下の通り。

「SUMMER SONIC 2016」-出れんの!?サマソ二!?ファイナリスト-
日程 8/20(土) 8/21(日)※出演は東京会場のみ

◆CREATIVEMAN賞
w.o.d.(8/21(日) 9:40-10:00 出演)

◆RAINBOW賞
シンガロンパレード(8/20(土) 10:20-10:50 出演)

◆BEACH賞
DJ RYOYA(8/20(土) 11:00-11:20 出演)
THE NUGGETS(8/20(土)11:40-12:00 出演)

◆ISLAND賞
・8/20(土)出演順
バンドハラスメント/Bluems/南風とクジラ/OH!!マイキーズ/ALBRIGHT KNOT/HipDistrict

・8/21(日)出演順
JASSKALL/さすらいナンバープレート/YAJICO GIRL/グミ/高井息吹と眠る星座/The Rouges

 

■The Rouges

The Rouges

The Rouges

女の子にも“男の娘”にも、初期衝動がある。

男女混成でトリプルボーカルという3ピースバンド。2011年にVo.&Gt.のHiyokoとVo.&Dr.のPakoが出会い、遊びでバンド活動を開始。その後、メンバーチェンジやバンド名の変更などを経て、2014年にVo.&Ba.のKyoroが加入、現体制での活動が開始される。ロッキング・オンのアマチュア・アーティスト・コンテスト「RO69JACK 2016」入賞。andymoriやドレスコーズ、THE 抱きしめるズとの共演など、豊富なライブ経験を持つ。


■ALBRIGHT KNOT

ALBRIGHT KNOT

ALBRIGHT KNOT

多動性こそが若さだ!

2014年夏より長崎を中心に活動を開始。同時にリリースした『1st DEMO』は「indiesmusic.com」の週間ランキングに連続でランクインするなど、初期から注目を集めている。2015年には鈴川新二(Gt.&Cho)が加入したことで4ピース編成となり、さらにパワフルな音楽性を獲得した。九州でのライブを始め、さまざまなアーティストのツアーサポートを行い、着実にライブでの地力を身につけている。


■DJ RYOYA

DJ RYOYA

DJ RYOYA

低音の地響きが鳴る祝祭(カーニバル)空間

新進気鋭の人気DJ。北海道出身、現在は都内大学に通う学生ながら、2015年には渋谷を代表するクラブ「WOMB」のメインフロアで史上最年少としてプレイするなど、高い実力が評価されている。現在、渋谷「Camelot」や西麻布「R TOKYO」といった名だたるクラブでもレギュラーパーティのメインDJを務めている。そのルックスも相まって、男女を問わず多くのファンを獲得。ウェブ媒体の「人気DJランキング」にランクインするなど、目下、注目を集めている。


■グミ

グミ

グミ

つま先立ち、猫背でだって愛を歌うよ。

札幌で話題を集めている4人組のギターロックバンド。2015年にはタワーレコードの札幌ピヴォ店・渋谷店限定で1st single『夢の続きをソングする』をリリース、300枚以上を売り上げた。同年秋に現在の構成となった後、16年は名古屋の人気サーキットイベント『でらロックフェスティバル2016 powered by @FM』や、京都での姉妹イベントの『はんなりロックフェスティバル2016』にも出演し、全国各地で新しいファンを増やしている。

 

■YAJICO GIRL

YAJICO GIRL

YAJICO GIRL

ギターが鳴れば、歌う。「僕らにはそれしかない」

高校の軽音楽部で結成された5人組バンド。大学受験に際し、一時活動を休止するも、2015年に改名して復活。その後、関西の10代バンドを発掘するプロジェクト「十代白書」にて、キタ大阪エリアの予選を1位で突破。さらに、同決勝大会でもグランプリを獲得し、関西の大型イベント「KANSAI LOVERS」への出演が決定している。これまでのMVはすべて完全自主制作によるもの。


■バンドハラスメント

バンドハラスメント

バンドハラスメント

俺たちの言葉をラウドロックに載せ、まっすぐ届けよう。

2015年末に結成した後、わずか4カ月でBIGMAMAと共演するなど、怒涛の勢いでシーンを駆け上がる4ピースバンド。今年3月にはバンド史上初となるMV『君と野獣』を公開し、話題をさらった。“新時代のロックの開拓”をうたうプロジェクト「MASH A&R」では、2016年3月のMONTHLY ARTISTにも選ばれている。ライブでは、Vo.のUTAによる熱い語りにも注目。


■Bluems

Bluems

Bluems

「恋する円盤」発、キラキラロック行

プロデューサーのいしわたり淳治に絶賛されながらも、2015年末に解散したバンド「恋する円盤」の元メンバーである大塚真太朗(Vo.&Gt.)、大塚薫平(Dr.)、中村直人(key.)を中心に結成された5ピース。今年6月に1st single『Short Trip EP』を発表。東京を中心にライブ活動を行っている。今後の展開にも期待がかかる新鋭のバンドである。


■Hip District

Hip District

Hip District

青学生MCは、オンリーワンじゃ満足できない。

タワーレコードとNTTドコモ、レコチョクによるインディーズアーティストの音楽活動支援「Eggsプロジェクト」が、青山学院大学と連携して開催した青山学院大学生限定のイベント『AOフェス』で優勝を飾ったバンド「Neglo Hips」が改名。「Hip District」として生まれ変わり、本格的な活動を開始した。ファンク、ヒップホップ、ジャズやロックといった要素を取り込んだミクスチャーバンド。


■シンガロンパレード

シンガロンパレード

シンガロンパレード

キャラも曲もMCも、どれをとってもオモロイんどす。

2012年に結成後、関西のさまざまなバンドコンテストでグランプリを獲得するなど、エンターテインメント性にあふれるステージングで幅広い人気を博す。14年にラスベガスでライブを行ったほか、15年、岡崎体育とのライブ限定スプリットシングルをリリース。また、16年には楽屋での盗難被害をネタに、下北沢CLUB Queで“盗難に遭った記念”ワンマンライブを開催し、こちらも話題をさらっていた。


■さすらいナンバープレート

さすらいナンバープレート

さすらいナンバープレート

“清楚系”なんて肩書はツッコミ待ち!?

大阪を拠点に活動中の3ピースバンド。2014年末に結成され、当時は4人組だったが、現在は難波寛人(Vo.&Gt.)、稲角るり(Vo.&Ba.)、坂元優太(Dr.&Vo.&Rap)の3人で活動する芸大生清楚系ロックバンド。“清楚系”という肩書とは裏腹に、ステージでは演出の小道具などを多数用意するなど、さまざまな趣向を凝らして観客の注目を一身に集める。


■高井息吹と眠る星座

高井息吹と眠る星座

高井息吹と眠る星座

魔法使いになりたい22歳がかける、“音楽“という魔法

5歳からクラシックピアノを始め、吹奏楽やバンドなどのさまざまな音楽に触れて育ち、国立音楽大学へ入学。在学中から本格的に作詞・作曲・弾き語りを開始し、2016年に同大を卒業。また、自主企画やバンドスタイル、「Eve」名義での活動も行ってきた。同16年には、女優・八木莉可子が出演するCM『ポカリスエット・ゼリー』の音楽を担当。透明ながら力強いボーカルとピアノの弾き語りで、聴衆の心に訴えかける。


■南風とクジラ

南風とクジラ

南風とクジラ

ここだけ昭和!な浪漫歌謡ロック

2013年に結成され、結成3カ月でヤマハ主催の「Music Revolution2013大阪 FINAL STAGE」に進出。2015年には島村楽器主催の「HOT LINE 2015 JAPAN FINAL」に出場した、実力派3ピースバンド。今年9月にはミニアルバム『いとしのマリン』が発売予定で、ジャケットデザインをアニメ『きんぎょ注意報!』などを手がけたアニメーター・入好さとるが担当したことでも話題に。


■w.o.d.

w.o.d.

w.o.d.

“怪獣”ばりの低音で、サマソニを蹂躙する!!

2009年にVo.&Gt.のサイトウタクヤとBa.のKen Mackayが結成した後、15年にDr.のオザキリョウが加入。16年、SPACE SHOWER MUSIC主催のショーケースイベント「Gathering Neo」に出演したほか、公募を経て大型チャリティーフェス「COMIN'KOBE16」でアクトを披露。さらに、現在は「イナズマロックフェス」のオーディション「イナズマゲート2016」にて、最終審査にまで残るなど、聴衆のみならずプロの目をも惹きつけている。


■JASSKALL

JASSKALL

JASSKALL

メロディアスにフロアを煽る若き貴公子

1998年生まれの18歳という若さながら、2015年に渋谷のクラブ「WOMB」で初ライブ。その後、キッザニア東京でのライブのほか、ZEPP NAGOYAで行われた中高生だけで作るイベント「ナキワラ!」に出演し、毎日新聞に記事が掲載された。2016年には、レジデントDJとして禁酒禁煙の学生向けイベント「LIVEN-UP」を企画し、Taku TakahashiがゲストDJとして参加したことも話題になった。まさに、破竹の勢いを見せている若手DJ。


■OH!! マイキーズ

OH!! マイキーズ

OH!! マイキーズ

ポップにロックする、札幌のアンダー20代表

2013年に近藤まさと(Vo.&Gt.)と渡辺哲太(Ba.)を中心に結成された。2014年には「閃光ライオット2014」で札幌三次審査に出場、15年にはロッキング・オンのアマチュア・アーティスト・コンテスト「RO69JACK 2015」で優勝し、同年の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015」のWING TENTに出演を果たす。自主企画イベントを開催するなど、精力的な活動を続けている。


■THE NUGGETS

THE NUGGETS

THE NUGGETS

日本のリバプール・千葉が生んだ、船橋のプレスリー

平均年齢21歳、大牟田徹(Ba.)、加治工芳(Dr.)、工藤わたる(Vo.)、西山浩喜(Gt.)からなる千葉県出身の4ピースバンド。2012年、全国高校生アマチュアバンド選手権「TEENS ROCK IN HITACHINAKA」にて「オーディエンス賞」を受賞。16年、全国高等学校野球選手権大会の千葉大会のテーマソング『大逆転』を手がけている。「ライブ」ではなく、「ショー」と呼ばれるさまざまな趣向を凝らしたステージングは、見る者までを巻き込んで楽しませることで定評がある。

 

イベント情報
SUMMER SONIC 2016
8月20日(土)、21日(日)
午前9:00 OPEN 午前11:00 START

<サマーソニック東京>
会場:QVCマリンフィールド&幕張メッセ
1日券 ¥16,500(税込)
2日券 ¥30,500(税込)
プラチナチケット ¥30,000(税込)
Seaside Camp券 ¥30,000(税込)

<サマーソニック大阪>
会場:舞洲サマーソニック大阪特設会場
1日券 ¥14,000(税込)
2日券 ¥25,500(税込)
プラチナチケット ¥25,000(税込)

 

 

シェア / 保存先を選択