全裸の美女に変身する老婆、巨大な心臓を食らう王女……“女の性(さが)”うつしだす映画『五日物語-3つの王国と3人の女』予告編

SPICER
 (C)2015 ARCHIMEDE S.R.L.-LE PACTE SAS

(C)2015 ARCHIMEDE S.R.L.-LE PACTE SAS

画像を全て表示(3件)

11月公開の映画『五日物語-3つの王国と3人の女』から、同作の残酷で美しい世界観を映し出した予告編が公開された。

『五日物語-3つの王国と3人の女』は、『ゴモラ』『リアリティー』で、カンヌ映画祭審査員特別グランプリを2度受賞したマッテオ・ガローネ監督の新作。グリム兄弟にも多大な影響を与えたとされる『ペンタメローネ(五日物語)』から、3つのストーリーを1つのテーマのもと結びつけ、独創的な美的感覚で映像化した作品だ。

 

(C)2015 ARCHIMEDE S.R.L.-LE PACTE SAS

(C)2015 ARCHIMEDE S.R.L.-LE PACTE SAS

(C)2015 ARCHIMEDE S.R.L.-LE PACTE SAS

(C)2015 ARCHIMEDE S.R.L.-LE PACTE SAS

 

公開された予告は、同作の世界観がわかる鮮烈な映像で構成されている。サルマ・ハエック演じる女王が巨大な心臓をむさぼり食らうシーンや、老婆が急速に若返り、美しい裸体の美女になる場面など、残酷で美しい画が満載。

 

 

同作は、世界遺産にも登録されたアンドリアのデルモンテ城ほか3つの名城や、シチリアのアルカンタラ峡谷などイタリアを縦断したロケと、原作の書かれた時代を彷彿とさせるバロック様式の映像のもと展開する。3人の異なる年代の女たちの欲望と、その残酷な運命を予感させる美しくも不穏な映像は、元画家のガローネ監督がゴヤの版画集や古典ホラー映画からインスピレーションを得たもの。監督のコメントからは、同作に人間の欲望についての普遍的なテーマが込められていることがうかがい知れる。

マッテオ・ガローネ監督コメント
私は一貫して、人間の衝突、バイオレンス、愛、いわゆる人間が固執していることに興味がある。どうやって個人が外的要素によって悪に汚染されるかを見るためにいつも内側から見ているんだ。だからこの映画の、欲望から変貌する執念や自己破壊的な結果などが、私の映画でよく繰り返されるテーマだ。原作の物語にもダークなところがあった。なぜなら中世の大衆の民話が基になっているからね。

もし17世紀には子供のために考えられた特別な文学がないとしたら……。これらの話は大人も子供もすべての人々を楽しませるために書かれた話なんだ。だからダークな要素やホラー、そして暴力の要素を含んでいる。今日の私たちの社会のように、その当時は社会が暴力的だったから、彼らは私たちに似てるんだ。それらをおとぎ話の世界において描くなら、人間の経験にとても近い、象徴的で現代的なものになるんだよ。

映画『五日物語-3つの王国と3人の女』は11月TOHOシネマズ六本木他全国ロードショー。
 

作品情報

映画『五日物語-3つの王国と3人の女』

(2015/伊・仏/シネスコ/カラー/5.1ch/133分)
原題:Tale of Tales
レーティング:PG-12

監督:マッテオ・ガローネ 『ゴモラ』『リアリティー』
出演:サルマ・ハエック ヴァンサン・カッセル  トビー・ジョーンズ ジョン・C・ライリー
配給:東北新社 STAR CHANNEL MOVIES

<ストーリー>
3つの王国が君臨する世界。ある王国では、女王が“母となること”を追い求め、また、ある王国では、老婆が“若さと美貌”を熱望し、そして、もう一つの王国では、王女がまだ見ぬ“大人の世界への憧れ”を抱いていた。
やがて、それぞれの願いは叶えられるが、そこには皮肉な運命の裏切りが待っていた…。

(C)2015 ARCHIMEDE S.R.L.-LE PACTE SAS
公式HP:  http://itsuka-monogatari.jp

シェア / 保存先を選択