ルパン三世の石川五ェ門が主人公となる『 LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門』の製作が明らかに

動画
レポート
2016.9.10
LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門』 ©TMS

LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門』 ©TMS

2014年に “大人向けの「ルパン三世」” として制作され、大反響を受けた話題のアニメ『LUPIN THE ⅢRD 次元大介の墓標』が、9月9日(金)新宿バルト9にてトークイベント付きで特別上映された。上映後に行われたトークイベントには、同作の監督を務める小池健監督をはじめ、音楽を担当したジェイムス下地、脚本を務めた高橋悠也、浄園祐プロデューサーが登壇し、『LUPIN THE ⅢRD』の新シリーズ製作を発表、キービジュアル及び特報映像が初披露された。

新シリーズタイトルは、『 LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門』。2017年2月4日(土)より全国公開となる本作は、若き“石川五ェ門”を突き動かす守れなかった記憶、最強の剣士誕生の瞬間を描く。

注目の新作について登壇者らはイベント内で以下のように語っている。


——大人向けの「ルパン三世」シリーズの出発点について。

浄園:そもそも、小池監督の大大大ファンでした。『LUPIN the Third -峰不二子という女-』では、全キャラクター表を見ることができ毎日が楽しかったです。不二子は時間の区切りなどの制約があったので、120%の力が発揮する、純度の高いルパン三世をお届けしたい、それが出発点です。

小池:最初は、モンキー先生の絵を動かしたい、というところからです。そして、初期のルパンのキャラクターたちが大好きだったので、お互いが仲間になる前の過程など出会って間もないファンタジーを描きたいと思っていました。

——脚本の高橋さん、音楽のジェイムスさんが参加した経緯について。

小池:脚本の高橋さんは、実写でも活躍している若き脚本家だったので、リアルな作品描写を求めて今までルパンと関わったことのない人が、フラットなものを生み出すためにお願いしました。ジェイムスさんは、インパクトが強い音楽を作れる方なので、「作品の雰囲気を読み込んで増幅することができる。ルパンのテーマを作って欲しい」とお願いしました。

ジェイムス:ツイッターのDMで連絡くださいましたものね(笑)。

高橋:ルパンとは、こういうものではないか、ということをとにかく全力でぶつけていこうという気持ちで携わらせいただいています。今後、このような機会はないと思ったので……(笑)。出会いや、キャラクターの距離感のある呼び方のかけあいを意識して書きました。

——新作『 LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門』をどのように描くのでしょう。

小池:まだ五ェ門がルパンたちとの信頼関係が築けていない時期の、ルパンとの関係の初々しさや、ギラギラとした感じを描きたいなと思っていました。

高橋:『次元〜』を書いてから、例えば奥崎の左腕に穴があいたり、不二子のすごいセクシーなシーンがあるなど、そういったところが表現できるのが小池監督作品だなとわかったので、もっとエッジが効いたことをやりたいという個人的な思いもあって今回はR18を目指していました。実際にこれでR18になれるかはわからないですけど……(笑)。

ジェイムス:ルパンの音楽、難しいですよね。五ェ門=尺八じゃないですか、そこを避けるか避けないかが人生の分かれ道だと思うんですね(笑)。尺八を使わずにどういうことを感じさせるか、そもそも和じゃなくていいの?とかね。

浄園:切って切って切りまくるのはやってほしかった。小池さんのルパン以外にもルパンシリーズを担当していますが、圧倒的にこの五ェ門って、今まで王道にやってきた五ェ門とは全然違うんです。ルパンが好きな方は見てわかると思いますが、腕っ節の太さから全然違うんですね。1作品で五ェ門が切った人数は、過去のルパンの中では(この作品が)一番だと思います。


そして、ここで五ェ門の声を担当する声優・浪川大輔が「プレッシャーで押し潰れそうです」とコメントしながら、サプライズゲストとして舞台に登壇した。


——小池監督が浪川さんの五ェ門に期待していることとは?

小池:渋さはもちろん欲しいですが、若くてギラギラしている五ェ門。それが、開眼していくことに大きなストーリーの流れがあるので、成長していく様子が新作の五ェ門に反映できれば嬉しいなと思っています。

浪川:これは普通、スタジオで聞くことですよね(笑)。若さ……、今の落ち着いた五ェ門とは違いますね。

小池:そうでうね。ギラギラしていて、ちょっと嫌われるくらいの感じがいいかな。

高橋:去年のルパンシリーズでは、あまり五ェ門のセリフを入れてなかったので、今回そのとき貯めてたものをぶつけて、とにかく今までで一番しゃべる五ェ門がみれる作品になりました。“五ェ門が剣を抜く”という抜刀術というものがコンセプトとしてあったと思いますが、その五ェ門が刀を抜くという意味、行動にすごく大事にして作り上げました。抜いたら、切りまくるような。(剣を)抜く、抜かないという魂・哲学と言うものを今回書き込みました。

——小池監督が考える”五ェ門”とは?

小池:五ェ門の前に現れる男たちは、憎しみをくぐり抜いた人が多いので、パッとすぐさま殺すのではなくギリギリまで戦い合う描写を大切に、剣と五ェ門が(心も含めて)一つになるものを描くようにしました。敵が魅力的というのも面白いポイントになると思います。

——最後にひとことお願いします。

浪川:「セリフが少ないから五ェ門」ではなく、しゃべり始める前に何を考えて何を話すのかの、その合間が五ェ門というキャラクターはとても大事なのかなと思っています。ただ、これから演じる若き五ェ門は、その制御ができないイメージなので、それをどう抑えて、徐々にみなさんが知っている五ェ門になっていくのかを演じることが出来たらと思います。『次元〜』シリーズを追い越せ!という気持ちで頑張ります。劇場にも是非足を運んでください!

浄園:“大人向けの「ルパン三世」”の第二弾をこの場で発表できとても嬉しいです。きっちり仕上げていきたいです。

高橋:五ェ門、一観客として仕上がりを楽しみにしております。

ジェイムス:まだ何もやっていないですが(笑)、プレッシャーもありますが頑張ります!

小池:『次元〜』の時は、これでルパン作品を作るのは最後かなと思っていました。改めて作る機会をいただきました。とにかくすごいことを作り上げたいと踏ん張っている最中です。ご期待ください。

さらにMCからは、ルパン三世の声を担当する栗田貫一のメッセージが読み上げられた。

『次元大介の墓標』に続き、小池監督が描くハードボイルドなルパン三世が戻ってきます。今回の主役は石川五ェ門。まだ収録前なのですが、特報映像を見ただけで興奮しています。これからチーム一丸となって仕上げていきますので、よろしくお願いいたします。(栗田貫一)


当日解禁となった映像


『 LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門』は、2017年2月4日(土)バルト9ほか全国公開

映画情報
LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五ェ門

2017年2月4日(土)バルト9ほか全国公開

原作:モンキー・パンチ 
監督・演出:小池健
<声優キャスト>
ルパン三世:栗田貫一 次元大介:小林清志 石川五ェ門:浪川大輔
峰不二子:沢城みゆき 銭形幸一:山寺宏一

脚本:高橋悠也 
音楽:ジェイムス下地 
クリエイティブ・アドバイザー:石井克人 
プロデューサー:浄園祐
アニメーション制作:テレコム・アニメーションフィルム
製作・著作:トムス・エンタテインメント
シェア / 保存先を選択