好評につき再演決定! 応援団員のイキザマを描く舞台『イキザマ3』

ニュース
2016.9.18
『イキザマ3』

『イキザマ3』


10月19日(水)から30日(日)まで、東京・下北沢の「劇」小劇場にてRISU PRODUCE vol.19『イキザマ3』が上演される。昨年9月、同劇場で上演され、好評を博した作品の再演となる。

『イキザマ3』 

『イキザマ3』 

1999年に活動を開始した演劇ユニットRISU PRODUCEは、主宰の松本匠が全作品の作・演出を担当し、横関健悟、谷口勇樹の三名で構成される。下北沢の小劇場を拠点に活動し、地方公演も積極的に行っている。2009年には舞台『ぼくはだれ』で大阪ロクソドンタフェスティバルにてグランプリを受賞するなど、小規模ながらも上質な作品を全国へ届けている。

三多摩大学に入学した野瀬(世良優樹)は、体育会系とは無縁の貧弱とも見える1年生。
迷いながらも訪れた新入生歓迎会の際、応援団員の熱意にあふれる演舞と、そしてある「言葉」が心に響き、入団することを決意する。

『イキザマ3』

『イキザマ3』

同輩の宮本(吉田芽吹)は女の子、そして同時期に入団した岩田(松本匠)はオジサン。新入団の三人は応援団らしからぬ面々だが、厳しい練習に耐え抜く。共に練習を乗り越えて、絆を深めていく1年生団員たち。
だが、実は野瀬には今まで誰にも話す事ができなかったある事実があり、そして岩田にも団員たちには知られてはいけない衝撃の事実が…。

『イキザマ3』

『イキザマ3』

大学やコミュニティ、もしくは何かの試合会場など、限られた場所でしか見かけなくなってきた応援団。バスドラムが鳴り響き、キャストの熱気が立ち込める中、決して見返りを求めず、青春のすべてを仲間と共に「団」に捧げる応援団員たちのイキザマを体感してほしい。

公演情報
RISU PRODUCE vol.19『イキザマ3』
 
■日時・会場:2016年10月19日(水)~30日(日) 「劇」小劇場
■作・演出:松本匠
■出演:
世良 優樹
吉田 芽吹

 
松本 匠
横関 健悟
谷口 勇樹

 
吉川 柳太
朝枝 知紘
中尾 太一
鈴木 健斗
中井健勇
永吉 悠人

 
内谷 正文

■公式サイト:http://risuproduce.s2.bindsite.jp/
シェア / 保存先を選択