楠本桃子のゲームコラムvol.16 8年の年月を経てついに発売『ペルソナ5』

コラム
2016.10.1
 ※公式サイトより引用

※公式サイトより引用

画像を全て表示(5件)

ゲームが大好きな女性筆者がおくるおすすめゲーム紹介コラム、第15回目に紹介するゲームは『ペルソナ5』! 2016年9月15日にアトラスよりPlayStation 3、PlayStation 4用ソフトとして発売されたRPGです。前作『ペルソナ4』が発売してから早8年……。本作の発売をどれほど待ちわびたことか……!!

待ちに待ったペルソナシリーズの新作発表から、指折り数えて発売を心待ちにしていたのは筆者だけではないはず。コアなユーザーが数多く存在するペルソナシリーズ最新作である『ペルソナ5』のプレイインプレッションをお伝えしていきたいと思います。

【学業にバイトに怪盗に……忙しすぎる高校生活を駆け抜けろ】

※公式サイトより引用

※公式サイトより引用

 
ある事情で“東京”の高校に転入することになった主人公の少年は、奇妙な夢を見る。
自身に課せられた『更生』のため、そして、悪しき欲望から人々を救うため、怪盗となった主人公はたくさんの人々と出会い、絆を結んでゆく。
かけがえのない一年を過ごした後、あなたを待ち受けるものとは......?

(※公式サイトより引用)

本作は東京を舞台に繰り広げられる学園ジュブナイルRPG。渋谷や新宿、池袋に井の頭公園など、お馴染みの街で高校生活を謳歌しつつ、義賊怪盗団として、腐った世の中を更生していきます。

昼間、学校で授業を受けたら放課後と夜は自由時間です。怪盗として世直しをするために暗躍するも良し、アルバイトをするも良し、人間としてのステータスを磨くも良し、誰かと遊びに行くも良し! 

かなり自由な高校生活を送ることが可能です。自由度が高すぎるあまり、何をしようか、どこへ行こうか、と迷うことも多々ありますが、それこそがこのゲームの醍醐味なのです! 限られた時間の中で、自分だけの学生&怪盗生活を思いっきり楽しみましょう。

"メメントス"という、本筋のダンジョンとは異なる自動生成ダンジョンも存在する本作は、やり込み度もシリーズ中ナンバーワン! 大ボリュームな作品となっているので、長く遊び尽くすことができちゃいます。

筆者も、まだまだ絶賛プレイ中。ゲーム内で無情にも時間が進んで行くたび、「まだやらなきゃならないことがたくさんあるのに……!」と、嬉しい悲鳴を上げています。
 

【スタイリッシュなビジュアルとサウンドに釘付け】

※公式サイトより引用

※公式サイトより引用

ペルソナ新作のビジュアルは、"赤"がテーマカラーになっています。前々作『ペルソナ3』は青、前作『ペルソナ4』は黄がテーマカラーでした。スタイリッシュなビジュアルにプレイ中も大興奮。赤×白×黒に統一されたメニュー画面は、メニューを選択する度に主人公がアニメーションを行うのですが、これが全くうるさく感じず、むしろお洒落さに磨きがかかっています。

オープニングムービーも赤×白×黒に統一され、『ペルソナ5』というゲームの存在感を全面に押し出しています。戦闘後のリザルト画面も、本作ならでは。ここまでカッコいいリザルト画面のゲームは、未だかつて見たことがない!  初見時は大きく感動しました。

本作のテーマともなっている"ピカレスク・ロマン"にもばっちりとマッチした色使いに「なんてカッコいいんだ……」と、感嘆の声も思わず漏れます。

副島成記氏のキャラデザによる登場キャラクター達も表情豊かで、魅力的なキャラクターがたくさん登場するため、お気に入りのキャラが必ず見つかるはず。

サウンドコンポーザーである目黒将司氏による音楽も、物語の要所要所を盛り上げます。思わず手を止めて音を聞いてしまうほどの名曲がバトル中に流れるため、バトルが止まってしまうこともしばしば……。

プレイ中は目も耳もフル稼働で楽しむことができる本作の魅力は、ゲーム性やシステム面以外のところにもたくさん転がっています。
 

【敵をどう利用する? 悪魔たちとの会話を楽しむ】

※公式サイトより引用

※公式サイトより引用

本作では、『ペルソナ2』以来となる悪魔会話が復活しました。バトル中に敵と会話を行うことが可能になり、金品やアイテムを巻き上げたり、主人公の仮面(ペルソナ)となり冒険の手助けをしてもらったりと、悪魔会話によるメリットは様々です。

会話でどの選択肢を選ぶかにより、相手が怒ってこちら側が不利になることも……。悪魔会話によってスリルがプラスされ、戦闘も単調になることがありません。今回は戦闘中に敵も喋るので、賑やかな戦闘を楽しむことができます。

戦闘で敵を仲魔に迎え入れることができれば、その敵は自分のペルソナとして使役することが可能。強力ペルソナを装備すれば主人公のパラメーターも上昇し、スキルも強力なものになります。

また、入手したペルソナは合成合体もできます。たくさんのペルソナを手に入れ、合成し、最強のペルソナを作り上げましょう。取得したペルソナは合成だけでなく、他のペルソナを強化したり、アイテムに変換したり、様々な使い道があります。

手に入れたペルソナをどうやって使用していくのか、何度も悩むこととなるでしょう。たくさんのペルソナをその身に宿し、どんどん利用をすることで、冒険を有利に進めることが可能になります。
 

【協力者と絆を深める"コープ"活動】

※公式サイトより引用

※公式サイトより引用

本作の目玉に、"コープ"システムというものがあります。これは、『ペルソナ3』や『ペルソナ4』の"コミュ"と同じようなものです。コープシステムを使用すれば、怪盗団に協力してくれる人たちとの絆を深めることができます。

コープを持つ相手との絆を深めれば深めるほど、怪盗団の活動も有利なものになっていきます。合体で生み出すペルソナに多くの経験値が入ったり、冒険の手助けをしてくれるスキルをコープ相手が覚えたりと、良いことづくし。

コープのランクは優先して上げて、より多くの人との絆を深めましょう。特定の人とのコープランクを上げていくと、特別な関係になれることも……!?

ゲーム内でコープ活動を続けていると、「現実世界のコミュニケーションも頑張らなきゃな……」、「人との絆って大事だよな……」と、実感することもできます(笑)。
 

【ファンを熱狂の渦に突き落とした罪深きゲーム『ペルソナ5』】

さて、本作を現在プレイ中の筆者。総プレイ時間は70時間を超えましたが、まだまだクリアできる気配がありません……。

ずっと『ペルソナ5』の世界に浸っていたいからクリアしたくない!  でも先が気になる〜!!  といった感じで、毎日少しずつですが進めております。これ程までに時間泥棒をされるとは。怪盗団が私の生活時間を盗みにきているのだと思います(^L^)

こんなリア充な高校生活を送りたかった……! と、プレイをして甘酸っぱいような、くすぐったいような気持ちになることもあります。"学園ジュブナイルRPG"ということで、青春真っ盛りな学生生活を追体験するにはもってこいのゲームです。

基本的に『ペルソナ3』、『ペルソナ4』のシステムを踏襲している本作ですが、前作までのペルソナシリーズをプレイしていなくても大丈夫。十分に楽しむことができます。

難易度選択もあり、チュートリアルも物語の進行に沿って丁寧に挿入されるため、シリーズ初プレイの方でも理解しやすいつくりになっています。是非、今までペルソナシリーズをプレイしたことがない、という方も遊んでみてください。

「私もこんなキラキラとした青春時代を過ごしてみたかった」

その夢を今まさに、『ペルソナ5』で叶えている途中です。プレイしたら最後、面白くてやめ時がわからなくなってしまうので、皆様くれぐれも寝不足には注意してくださいね。では、ペルソナを起動して愛しの佐倉双葉ちゃんとデートへ行ってきます!!

ロードも早く、操作性も抜群。そして何より"ゲーム"としての完成度がめちゃくちゃ高い。『ペルソナ5』是非一度手に取ってみてください!

シェア / 保存先を選択