TAKAHIRO&斎藤工、雨宮兄弟の絆を赤パンツ交換で確かめる? 熱い下ネタに登坂広臣は苦笑 映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』初日舞台挨拶

レポート
2016.10.8
左から、TAKAHIRO、斎藤工、登坂広臣

左から、TAKAHIRO、斎藤工、登坂広臣

画像を全て表示(16件)

舞台挨拶10月8日、映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』の初日舞台あいさつが東京・丸の内ピカデリーで行われ、出演者のTAKAHIRO登坂広臣斎藤工吉本実憂岩田剛典鈴木伸之石黒賢、そしてメガホンをとった山口雄大監督が登壇した。
 

左から、山口雄大監督、鈴木伸之、岩田剛典、TAKAHIRO、斎藤工、登坂広臣、吉本実憂、石黒賢

左から、山口雄大監督、鈴木伸之、岩田剛典、TAKAHIRO、斎藤工、登坂広臣、吉本実憂、石黒賢



『HiGH&LOW THE MOVIE』は、三代目J Soul Brothersや劇団EXILEなど、EXILE TRIBEのメンバーや若手俳優が総出演するドラマ『HiGH&LOW ~THE STORY OF S.W.O.R.D.~』の劇場版。EXILE HIROが総合プロデュースする複数のメディアやエンタテインメントを巻き込み展開する一大プロジェクト『HiGH&LOW』の映画第一弾で、劇中では山王連合会などさまざまなチームがSWORD地区を舞台に、激しい抗争を繰り広げるようすが描かれる。『HiGH&LOW THE RED RAIN』はその第二弾となる作品で、TAKAHIROと登坂広臣が演じるシリーズ屈指の人気キャラクター雨宮兄弟と、行方をくらましていた彼らの兄・尊龍をメインに新たな物語が展開する。

『HiGH&LOW THE RED RAIN』初日はあいにくの雨ながら、会場は満席で熱気むんむん。TAKAHIRO、登坂のあいさつに続いて、斎藤が「四代目……間違えました! ただの斎藤工です」とEXILE TRIBEにかけたネタをさっそく披露するなど、わきあいあいとした雰囲気で舞台あいさつはスタートした。

 

登坂広臣

登坂広臣

TAKAHIRO

TAKAHIRO

斎藤工

斎藤工

吉本実憂

吉本実憂

岩田剛典

岩田剛典

鈴木伸之

鈴木伸之

山口雄大監督

山口雄大監督


トークでは、『THE RED RAIN』のタイトルにかけ、キャストが現場での‟赤裸々”な体験を告白することに。TAKAHIROは「ぼくと登坂はお兄ちゃんを心待ちにしていたんですが、(斎藤は)現場に入るなりこのオーラと下ネタで包み込んでくださいました」と、撮影時の逸話を暴露。すると斎藤は「それはお互いさまだったんで」と応戦。雨宮兄弟の長男と次男で、下ネタを含めた密なコミュニケーションをとりながら楽しんでいたことを明かした。

また、登坂は劇中でTAKAHIROと強烈なキャラクターの悪役・上園を演じた石黒との間に緊迫した空気が流れていたことを告白。「気持ちが張りつめている感じがあったので、お二人に近づきづらかった。距離を置いて現場にいましたね」と語る。TAKAHIROも「石黒さんに嫌われないかが心配で」と振り返る。石黒はTAKAHIROと対峙する同シーンについて「ぼくがボコボコにやられるところで、『痛くないですか、大丈夫ですか』って何度も聞いてくれた。優しい男ですよ」と裏側を明かしている。

 


斎藤は雨の中でのTAKAHIROや登坂との重要なシーンについてシリアスなエピソードを披露。「広斗(登坂)の体温と、明らかに雨と違う温度の涙が自分の体に触れたのを感じました。目が合っていないんですけど、雅貴(TAKAHIRO)の存在感も現れて、雨の中で何かが繋がった瞬間だと思いました」と、雨宮兄弟の絆を表すような逸話を語る。

しかし、直後に斎藤は「今日は赤にちなんで、赤いパンツをはいてきました!」と再び下ネタ方向に軌道修正。するとTAKAHIROが「ぼくも(赤パンツ)です!」と乗り、斎藤が「あとで見せあいっこしようか!」と盛り上がる。さらにTAKAHIROが「なんなら、ユニホーム交換みたいに……」と提案すると、斎藤が「裏返したらいけるかもしれない」と畳みかけ、熱い下ネタの応酬で登坂を苦笑させていた。

また、『HiGH&LOW THE MOVIE』から引き続いて山王連合会の総長・コブラ役で登場する岩田も、短い撮影期間ながら逸話を披露。「雨宮三兄弟がなぜここまで強いのかを説明するシーンがあったんですが……」と語るも、そのシーンがまるごとカットされてしまったことを告白。ここでも、TAKAHIROが岩田とのシーンで台本にないアドリブを入れていたことを明かす場面が。TAKAHIROは「岩ちゃん(岩田のこと)の顔を見ていたら近づきたくなっちゃって」「岩ちゃんが『何すんの?何すんの?』って(笑)」と岩田を困惑させていたことを明かし、笑いを誘っていた。

 

 

なお、『HiGH&LOW THE RED RAIN』は韓国での配給が決定しているほか、10月19日には韓国プレミアが行われることに。TAKAHIROは「海外ロケもあったので、世界の方々に楽しんでもらえるのは本望ですね」と喜びをあらわにしていた。まだまだ、『HiGH&LOW』の勢いは続きそうだ。

 

左から、山口雄大監督、鈴木伸之、岩田剛典、TAKAHIRO、斎藤工、登坂広臣、吉本実憂、石黒賢

左から、山口雄大監督、鈴木伸之、岩田剛典、TAKAHIRO、斎藤工、登坂広臣、吉本実憂、石黒賢

 

映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』は公開中。

作品情報
映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』
 
(c)2016「HiGH&LOW」製作委員会

(c)2016「HiGH&LOW」製作委員会


TAKAHIRO、登坂広臣 / 斎藤工 吉本実憂 / 岩田剛典、鈴木伸之、町田啓太、山下健二郎、佐藤寛太、佐藤大樹、藤井萩花、坂東希、濱田龍臣、小野寺晃良、吉澤太陽、中井ノエミ 石黒賢 /中村達也、早乙女太一、渡邉紘平、三浦誠己、小木茂光、片岡礼子、矢野浩二、近江谷太朗、長谷川初範 / 飯島直子 / 岩城滉一
企画プロデュース:EXILE HIRO
監督:山口雄大
脚本:松田裕子、牧野圭祐、平沼紀久、渡辺啓
音楽:中野雄太
企画制作:HI-AX
製作著作:「HiGH&LOW」製作委員会
配給:松竹 

公式サイト:http://high-low.jp/

【あらすじ】
かつて、SWORD地区一帯を圧倒的な力で支配していたチーム・ムゲンと並び最強と称された兄弟がいた。雨宮雅貴(TAKAHIRO)と雨宮広斗(登坂広臣)、「雨宮兄弟」である。彼らは、一年前に突如姿を消した兄・雨宮尊龍(斎藤工)を探し続けている。幼い頃に両親を失くした三兄弟の絆は固く、尊龍は弟たちに「拳は、大事なもんを守るために使え」と言い聞かせていた。両親を亡くしてからずっと、支え合って生きてきた。両親の命日、参拝に訪れる雅貴と広斗。消えた尊龍が現れることを期待していたが、そこに現れたのは尊龍の行方の手がかりを知る人物だった・・・。尊龍は雅貴と広斗をおいて、なぜ突如姿を消したのか?ある目的を果たそうと目論む人々と、尊龍との関係が紐解かれるとき、雨宮兄弟の過去に隠された秘密が明かとなる。

(c)2016「HiGH&LOW」製作委員会

 

シェア / 保存先を選択