故プリンスさん出演のライブ映画『サイン・オブ・ザ・タイムズ』が一夜限りの”絶叫OK”上映へ

ニュース
音楽
イベント/レジャー
2016.10.20
映画『サイン・オブ・ザ・タイムズ』

映画『サイン・オブ・ザ・タイムズ』

画像を全て表示(3件)

今年亡くなったプリンスさんが出演するライブ映画『サイン・オブ・ザ・タイムズ』が、12月7日にZepp DiverCity(TOKYO)、Zepp Namba(OSAKA)にて、一夜限定で上映されることが決定した。

同作は、グラミー賞の”ALBUM OF THE YEAR”にノミネートされた1987年の2枚組アルバム『サイン・オブ・ザ・タイムズ』のリリースにあわせて行われたツアー『サイン・オブ・ザ・タイムズ・ツアー』を中心に撮影したライブ映画。プリンスさんにとっては『プリンス/パープル・レイン』『プリンス アンダー・ザ・チェリー・ムーン』に続く3作目の劇場映画で、自ら監督を務めた作品でもある。映画の冒頭と途中に、ダンサーや自身による芝居をとりいれ、アルバムで展開していた世界観をプリンスさん自らの演出で掘り下げている。
 

映画『サイン・オブ・ザ・タイムズ』

映画『サイン・オブ・ザ・タイムズ』

 

『サイン・オブ・ザ・タイムズ・ツアー』はヨーロッパ・ツアーのみがおこなわれたため、1989年の映画『サイン・オブ・ザ・タイムズ』日本公開時には劇場に数多くのファンが殺到した。今年はプリンスさんが1986年9月に初来日公演を行ってからちょうど30年目にあたるアニバーサリー・イヤーということもあり、ファンにとって記念すべきイベントとなるのではないだろうか。

なお、上映は”絶叫OK”のライヴ絶響上映方式でおこなわれるとのこと。スタンディングで絶唱しながら踊り狂うなど、ライブさながらの臨場感あふれる上映となりそうだ。また、ライブハウス・ZeppのPA音響システムを使った圧倒的な音圧と大音量、4K対応のハイスペックな映写技術、15m×9mの巨大スクリーン環境にも注目だ。上映に使用する映像はデジタル・リマスタリングされているため、現代の上映スペックに合わせた高画質・高音を楽しむことができる。2016年の最後にプリンスのライブを疑似体験してみてはいかがだろう。

なお、チケット販売受付は本日10月20日からスタートしている。
 

映画『プリンス サイン・オブ・ザ・タイムズ』初来日30周年記念!一夜限りのライヴ絶響上映@Zeppは、Zepp DiverCity(TOKYO)、Zepp Namba(OSAKA)にて12月7日(水)限定上映

イベント情報

映画『プリンス サイン・オブ・ザ・タイムズ』初来日30周年記念!一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp
1987年/84分/アメリカ/ビスタサイズ/BD/2ch/日本語字幕
日程:2016年12月7日(水)

開場:18:30 開演:19:30

会場:Zepp DiverCity(TOKYO)、Zepp Namba(OSAKA)

座席:指定席およびスタンディング (いずれも1Fのみの販売)
ライヴ絶響上映|ライヴハウスの音響で、通常の音楽ライヴと同様に楽しんでいただく上映スタイル。
※主催者側の判断によっては、お声を掛けさせていただく場合もございます。 ※blu-rayでの上映になります。


ライヴ絶響上映 公式ホームページ:www.110107.com/zepp-de-zekk

 

シェア / 保存先を選択