ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン青学(せいがく)vs六角 お披露目イベント&プレス向け発表会レポート

レポート
舞台
アニメ/ゲーム
2016.11.11
 ©許斐 剛/集英社 ・NAS・新 テニスの王子様 プロジェクト ©許斐 剛/集英社 ・テニミュ製作委員会

©許斐 剛/集英社 ・NAS・新 テニスの王子様 プロジェクト ©許斐 剛/集英社 ・テニミュ製作委員会

画像を全て表示(9件)

11月1日品川プリンスホテル ステラボールにて、ミュージカル『テニスの王子様』の新キャストお披露目イベントが開催された。また、同会場にてプレス向けの発表会も実施され、次回公演より出演する新・青学(せいがく)キャストと六角キャスト、総勢19名によるトークとパフォーマンスが披露された。

初演から14年目を数え、2.5次元ミュージカルの先駆けとして公演を続けている“テニミュ”は、物語の中心を担う青春学園中等部テニス部を演じるキャストが代替りしながら、作品のたすきを繋ぎ続けてきた。そんな青学(せいがく)テニス部も、8代目が卒業し、12月の公演で新キャストに。そして、本公演を前にいち早くファンのみなさまに新キャストの姿を目撃してもらうべく開かれたのが、このお披露目イベントだ。

©許斐 剛/集英社 ・NAS・新 テニスの王子様 プロジェクト ©許斐 剛/集英社 ・テニミュ製作委員会

©許斐 剛/集英社 ・NAS・新 テニスの王子様 プロジェクト ©許斐 剛/集英社 ・テニミュ製作委員会

会場に集まったのは、TSC(テニミュサポーターズクラブ)のメンバー。イベントはまずスクリーンに新キャストの稽古風景が投影され、この晴れの日を迎えるまでのそれぞれの頑張りが紹介されていく。その姿に続いて元気にステージに飛び出してきた本人たちによるミュージカルナンバー『24/365』は、すでに過去の公演で歌われてきたナンバー。耳慣れた曲でのパフォーマンスで、客席も一気に盛り上がっていく。

この日の出演者は、下記の通り。

©許斐 剛/集英社 ・NAS・新 テニスの王子様 プロジェクト ©許斐 剛/集英社 ・テニミュ製作委員会

©許斐 剛/集英社 ・NAS・新 テニスの王子様 プロジェクト ©許斐 剛/集英社 ・テニミュ製作委員会

青学(せいがく)

越前リョーマ役:阿久津仁愛
手塚国光役:宇野結也
大石秀一郎役:松村 優
不二周助役:定本楓馬
菊丸英二役:永田聖一朗
乾 貞治役:加藤 将
河村 隆役:鈴木雅也
桃城 武役:吉村駿作
海堂 薫役:牧島 輝
堀尾聡史役:相馬眞太
加藤勝郎役:奥井那我人
水野カツオ役:畠山紫音

©許斐 剛/集英社 ・NAS・新 テニスの王子様 プロジェクト ©許斐 剛/集英社 ・テニミュ製作委員会

©許斐 剛/集英社 ・NAS・新 テニスの王子様 プロジェクト ©許斐 剛/集英社 ・テニミュ製作委員会

六角

葵 剣太郎役:矢代卓也
佐伯虎次郎役:二葉 要
黒羽春風役:陽向謙斗
天根ヒカル役:坂垣怜次
樹 希彦役:高木眞之介
木更津 亮役:佐藤祐吾
首藤 聡役:千葉冴太

彼らがオーディエンスの目の前で、キャラクターとして自分の役を演じるのはこの瞬間が初めて。みんなが知っているテニミュナンバーも、そんなフレッシュな面々が歌うと、また違う響きを持って伝わってくるのが面白い。

©許斐 剛/集英社 ・NAS・新 テニスの王子様 プロジェクト ©許斐 剛/集英社 ・テニミュ製作委員会

©許斐 剛/集英社 ・NAS・新 テニスの王子様 プロジェクト ©許斐 剛/集英社 ・テニミュ製作委員会

歌に続くドラマパートでは原作でおなじみの台詞が次々に飛び出し、早くも六角公演へと続く流れも。その様子を喰い入るように見守るサポーターたちの視線は真剣。もちろん、瑞々しい緊張とフレッシュな輝きでステージに立っている生まれたての“最新版・テニミュカンパニー”に向けた客席からの拍手は、本当に大きくて温かだ。

©許斐 剛/集英社 ・NAS・新 テニスの王子様 プロジェクト ©許斐 剛/集英社 ・テニミュ製作委員会

©許斐 剛/集英社 ・NAS・新 テニスの王子様 プロジェクト ©許斐 剛/集英社 ・テニミュ製作委員会


©許斐 剛/集英社 ・NAS・新 テニスの王子様 プロジェクト ©許斐 剛/集英社 ・テニミュ製作委員会

©許斐 剛/集英社 ・NAS・新 テニスの王子様 プロジェクト ©許斐 剛/集英社 ・テニミュ製作委員会

MCを担当した森山栄治はテニミュOBだけあり(初代青学(せいがく) 桃城 武・2ndシーズンより越前南次郎)、経験者ならではのフォローやツッコミを織り交ぜつつイベントを進行する。その兄貴な導きにキャストたちも大いにほぐされていたのは確かだ。

そうして場が暖まったところで駆けつけたのは、青学8代目の神里優希(不二周介役)、田中涼星(乾 貞治役)、眞嶋秀斗(桃城 武役)の応援ゲスト。トークコーナーでは田中が自前の“乾ノート”を加藤に渡すなど、微笑ましくも頼もしいエールが送られていた。その後、アンコールナンバーとして定着している『ニュー・ウェーブ』の歌唱でお披露目イベントは締めくくりに。

©許斐 剛/集英社 ・NAS・新 テニスの王子様 プロジェクト ©許斐 剛/集英社 ・テニミュ製作委員会

©許斐 剛/集英社 ・NAS・新 テニスの王子様 プロジェクト ©許斐 剛/集英社 ・テニミュ製作委員会

続く発表会では観客及び記者から寄せられた質問に答えるコーナーも。ちなみに越前リョーマ役の阿久津は、自身よりも先に家族が自分がリョーマに決定したことを知っていた、というエピソードを披露。

菊丸役の永田と大石役の松村は、共に“黄金(ゴールデン)ペア”の役づくりとして「常に一緒に行動すること」を挙げてくれた。同じくダブルスペアの黒羽役・陽向と天音役・坂垣は劇中の特徴と同じくとっておきの“駄洒落”にチャレンジする場面もあり、イベントは終始「明るく楽しく初々しい」空気で進行。最後はプレスに加え、特別に客席も参加してのフォトセッションを経て、“初対面”が滞りなく終了した。

©許斐 剛/集英社 ・NAS・新 テニスの王子様 プロジェクト ©許斐 剛/集英社 ・テニミュ製作委員会

©許斐 剛/集英社 ・NAS・新 テニスの王子様 プロジェクト ©許斐 剛/集英社 ・テニミュ製作委員会

12月22日の初日に向け、さらにここから彼らがどこまで化けてくれるのか、どこまで強さと逞しさと情熱を生み出すことができるのかは……まだまだ未知数。「もっともっと生意気なリョーマになりたい」と目標を掲げてくれた阿久津率いる新キャストの魅力と実力。その全貌は、2ヶ月後に。

 

レポート・文=横澤由香  撮影=鈴木久美子

公演情報
ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs六角

原作:許斐 剛『テニスの王子様』(集英社 ジャンプ・コミックス刊)

出演:
<青学(せいがく)>
越前リョーマ 役/阿久津仁愛、手塚国光 役/宇野結也、大石秀一郎 役/松村 優、
不二周助 役/定本楓馬、菊丸英二 役/永田聖一朗、乾 貞治 役/加藤 将、
河村 隆 役/鈴木雅也、桃城 武 役/吉村駿作、海堂 薫 役/牧島 輝、
堀尾聡史 役/相馬眞太、加藤勝郎 役/奥井那我人、水野カツオ 役/畠山紫音

<六角>
葵 剣太郎 役/矢代卓也、佐伯虎次郎 役/二葉 要、黒羽春風 役/陽向謙斗、
天根ヒカル 役/坂垣怜次、樹 希彦 役/高木眞之介、木更津 亮 役/佐藤祐吾、
首藤 聡 役/千葉冴太

<氷帝>
跡部景吾 役/三浦宏規、忍足侑士 役/井阪郁巳、宍戸 亮 役/小早川俊輔、
向日岳人 役/北乃颯希、芥川慈郎 役/田村升吾、滝 萩之介 役/山﨑晶吾、
樺地崇弘 役/八巻貴紀、鳳 長太郎 役/渡辺碧斗、日吉 若 役/内海啓貴

公演日程:
東京公演    2016年 12月22日(木)~ 25日(日)    TOKYO DOME CITY HALL
大阪公演    2016年 12月30日(金)~ 2017年1月8日(日)    大阪メルパルクホール
愛知公演    2017年 1月20日(金)~ 22日(日)     日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
宮城公演    2017年 1月28日(土)~ 29日(日)     多賀城市民会館 大ホール
福岡公演    2017年 2月 3日(金)~   5日(日)     キャナルシティ劇場
東京凱旋公演    2017年 2月 9日(木)~ 12日(日)     TOKYO DOME CITY HALL

チケット料金:6,000円(全席指定/税込み)
一般発売日:2016年 11月20日(日) 10:00~
 
主催:テニミュ製作委員会
協賛:ファミリーマート
お問合せ番号:ネルケプランニング 03-3715-5624(平日11:00~18:00)
公式HP:https://www.tennimu.com/

 

シェア / 保存先を選択