『モンスターハンターダブルクロス』メディア先行体験会をレポート 新規モンスターバルファルクに挑む

SPICER
モンスターハンターダブルクロス ©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

モンスターハンターダブルクロス ©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

画像を全て表示(11件)

発売が2017年3月21日に決まり、多くのファンが待ちわびている『モンハン』シリーズの最新作『モンスターハンターダブルエックス(以下、『モンハンXX』)』。PVも公開され、期待に胸を躍らせている読者も多いのではないだろうか。そんな中、株式会社カプコンは2017年11月1日に、『モンハンXX』を先行してプレイできるメディア体験会を開催。本稿では、新モンスターをはじめ、新たなシステムが導入された『モンハンXX』のファーストインプレッションと、メディア体験会の様子をお届けする。

体験会では、最初に『モンハンXX』のプロデューサーである小嶋慎太郎氏が登壇。本作を『モンハンX』の正統な続編と位置づけ、新しいモンスターや狩場など、クロスがさらにクロスしていくという意味で「ダブルクロス」という名称にしたという逸話を公開。さらに今回プレイできる内容を簡単に解説した後、「ひと狩りいこうぜ!」のかけ声の元、いよいよ体験会が始まった。

まず最初に、今回体験してきた内容を紹介する。体験可能なミッションは、初級のイャンクック狩猟、中級のベリオロス狩猟、そして上級の銀翼の凶星バルファルク討伐の3種類。このうちバルファルクはモンハン新登場のモンスターだ。また、全ての武器から選択することができたが、武器自体は決められたものとなっており、武器選択時にギルド、ストライカー、エリアル、ブシドー、そして新スタイルのブレイヴから1つを選ぶことができた。

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

以上が、今回の体験会での簡単な仕様だ。なお操作方法は『モンハンX』と同じなので、同タイトルをプレイしていた人ならすぐに慣れるはずだ。筆者は、使い慣れている大剣でブレイヴスタイルを選択した。

ブレイブスタイルの最大の特徴は、「ブレイブゲージ」というゲージの存在だ。ブレイブゲージは攻撃や納刀アクションを行うと溜まっていき、最大になると一定時間ブレイブ状態へとキャラクターが移行。ブレイブ状態中は、武器ごとに大剣だと強溜め斬り、太刀だと剛・気刃斬りといった、強力な攻撃や特殊な移動技を繰り出すことが可能になる。

それとブレイブスタイルでは、Yボタンを長押しすることで納刀状態を継続(大剣だと、剣をしまう動作で止まる)することができる。そして納刀継続中に攻撃を受けると、その攻撃を受け流すことができ、継続しながら攻撃ボタンを押すと、納刀キャンセル攻撃が発動する。この2つが、納刀アクションと呼ばれるもので、ブレイブゲージを溜めるための主な手段となるのだ。


筆者はイャンクック戦でこの納刀アクションを試してみたが、納刀キャンセル攻撃はその場で止まって行うため、意外と当てるのが難しい。当然ながらモンスターは常に動いているため、ワンクッション置く納刀キャンセル攻撃を当てるには、モンスターの動きを先読みする必要がある。しかし、もう一方の納刀時に攻撃を受け流す仕様は、発生も早いため防御面でかなり優秀だった。筆者が初級、中級、上級ともに、モンスターの足元でドタバタと納刀しつつも一度も死ぬことはなかったは、この受け流しのおかげだ。

通常攻撃だけだとブレイブゲージの溜まりも遅かったので、おそらくモンスターに肉薄しつつ、至近距離で納刀アクションを行ってゲージを溜めていくのがメインのスタイルになりそうだ。ブレイブ状態一歩手前でモンスターを罠にかけ、ブレイブ時の強力な攻撃を連続で叩き込むという戦い方も面白い。もしかしたら、これから仕様が変わるかもしれないが、納刀というアクションが大剣向きなので、発売されたらぜひブレイブスタイルでプレイしたい。

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

さて、体験会での狩りだが、初級のイャンクック、そして本作で復刻した中級のベリオロスはパーティメンバーの力を借りてなんとか狩猟成功。この2体は動きが以前と同じなので、みな慣れた手つきで罠などにかけていた。そして最後に挑戦したのが、本作の新モンスターであるバルファルクだ。千変万化する翼を操る古龍で近距離のなぎ払いや翼から発射するレーザー、翼をロケット状にしてのダイブなど、遠近ともに強力な攻撃を仕掛けてくる。視認が難しい空中からの突撃などもあり、一瞬たりとも気が抜けない、古龍に相応しい強さを誇る強敵だ。

ただ、強敵ではあるが、ずっと手が出せない空にいるわけでもなく、攻撃できる隙はしっかりとあった。また罠や閃光玉も効くので、勝てない相手ではないという印象だ。今回は初めてみる技に翻弄されて狩りは失敗してしまったが、次に戦うときにきっちりとリベンジしたい。

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

ちなみにスタイルとモンスター以外に、ニャンターにも新たなアクションが追加されている。カリスマとファイトは踏みつけ跳躍できるエア回避、ガードはジャストガード、アシスト、コレクト、回復はブーメランを3投目まで投げることができ、回復はサポート行動後に追加で回復できるヤマビコ回復笛の技が、ボマーはジャスト回避が追加された。

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

©CAPCOM CO., LTD. 2015 ALL RIGHTS RESERVED.

ちょうど上級を失敗したところで、1時間程度の体験会は終了した。新要素以上に、みんなで狩りをすると楽しいということを、今回改めて気づかされたように思える。なお、今週の11月12日から下記の日程でユーザー体験会も開催される。興味がある方はぜひ遊びに行ってはいかがだろうか。みんな、ひと狩りいこうぜ!

イベント情報

モンスターハンターダブルクロス 秋の体験ツアー

【会場】福岡地区
場所:イオンモール福岡ウエストコート
開催日:2016年11月12日(土)10:00~16:30

※メインプラザ入口で整理券配布(当日、朝9時より配布予定。整理券配布は先着順となります。)

【会場】名古屋地区
場所:イオンモール常滑ノースコート
開催日:2016年11月20日(日)10:00~16:30

※常滑のれん街入口で整理券配布(当日、朝9時より配布予定。整理券配布は先着順となります。)

【会場】東京地区
場所:新宿区内某所
開催日:2016年11月26日(土)・27日(日)10:00~19:00

※応募終了

【会場】大阪地区
場所:中央区内某所
開催日:2016年12月3日(土)・4日(日)10:00~19:00

※応募終了

シェア / 保存先を選択