第17回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門新人賞受賞作『アリスと蔵六』2017年 TVアニメ化決定

SPICER

第17回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門新人賞受賞を受賞した、徳間書店 月刊COMICリュウ連載のマンガ『アリスと蔵六』が2017年にアニメ化されることが発表され、ティザーサイトも公開された。

http://www.alicetozouroku.com/

『アリスと蔵六』は「想像したことをすべて具現化することができる」能力を持つ幼い主人公の紗名が、由緒正しい日本の頑固爺・蔵六と出会い、超能力も関係なく「悪いことは悪い」と説教されたりする中で運命を変えていくファンタジー作品。

今後の情報はサイトなどで展開されるようなので、注目したい。

 

シェア / 保存先を選択