NYで大流行中のスイーツが関東初上陸!インパクト抜群の注射器トッピング


“外はカリカリ”で“中はもっちり”。

香港で昔ながらのお菓子として食べられている「エッグワッフル」がアレンジされ、アメリカのニューヨークで人気を博している。

並ばないと言われるニューヨーカーたちが行列をつくるほどの大流行となっている“エッグワッフル”が、関東に初登場。オーガニック牛乳を使ったソフトクリーム専門店「Honey Trip」では、さらに進化させた「エッグドーム」(650円~)を11月9日(水)から販売開始した。

「エッグドーム」は、見た目がたまごのような「エッグワッフル」の生地に、オーガニックの牛乳を使ったアイスをトッピング。アクセントにキャラメルソースを入れた注射器を刺すという、インパクトと遊び心のある商品となっている。

「エッグワッフル」の“外はカリカリ”で“中はもっちり”という食感はそのままで、ほんのり甘さがあり、トッピングのオーガニック牛乳アイスとの相性も抜群。注射器でトッピングのソースを加えることができ、好みのタイミングで味に変化をつけられる。

海外から取り寄せたマシーンで、焼き上げられる「エッグドーム」。見た目も美味しさもインパクトがあるスイーツを、是非楽しんでみて。【ウォーカープラス編集部/コタニ】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択