“仮面ライダー育ち”の氣志團、主題歌担当に喜び「この上ない名誉」

昨日8月18日に行われた制作発表会見の様子。主題歌を担当する氣志團と西銘駿。(c)2015 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

昨日8月18日に行われた制作発表会見の様子。主題歌を担当する氣志團と西銘駿。(c)2015 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

画像を全て表示(4件)

氣志團が10月4日(日)からテレビ朝日系でスタートする特撮ヒーロードラマ「仮面ライダーゴースト」の主題歌を担当することが決定した。

氣志團は昨日8月18日に都内で行われた制作発表会見に登場。メンバーは「この度、光栄にも主題歌を担当することになりました。メンバー一同、仮面ライダーで育った人間たちですので、この上ない名誉だと思って盛り上がっております」と主題歌を担当することになった喜びを語った。一方でプレッシャーを感じていることも明かし、「この際ゴーストライターとして先日話題になったあの方に依頼して、“仮面ライダーゴースト”ということで乗り越えようという意見も出たのですが(笑)」と冗談交じりに述べた。

なお「仮面ライダーゴースト」は、一度命を失った主人公・天空寺タケルが仮面ライダーゴーストに変身し、眼魂(アイコン)を使って世界の英雄や偉人の力を武器に戦うドラマ。タケル役は「第27回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でグランプリを受賞した西銘駿が務める。またマンガ家の島本和彦が、「島本和彦とビッグバンプロジェクト」名義で怪人デザインを手がける。

氣志團コメント


この度、光栄にも主題歌を担当することになりました。メンバー一同、仮面ライダーで育った人間たちですので、この上ない名誉だと思って盛り上がっております。ただ、大変プレッシャーもありまして、試行錯誤しながら作っているのですが、果たしてこの作品に見合う楽曲ができるのかと悩んで、この際ゴーストライターとして先日話題になったあの方に依頼して、“仮面ライダーゴースト”ということで乗り越えようという意見も出たのですが(笑)、やはりそれはダメだ、氣志團でやろうということで、今はもう自信しかありません。期待しかしないでください。よろしくお願いします!

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択