増子兄ィが初舞台で瑛太と暑苦しい兄弟愛「生温かい目で見守っていただければ」

ニュース
2016.11.13
左から瑛太演じる小鰭光、増子直純演じる金目鯛二郎。

左から瑛太演じる小鰭光、増子直純演じる金目鯛二郎。

本日11月13日に東京・サンシャイン劇場にて舞台「大パルコ人3 ステキロックオペラ『サンバイザー兄弟』」が初日公演を迎え、上演前に会場にて公開フォトコールと記者会見が行われた。

この舞台は、宮藤官九郎の作・演出作品をPARCO劇場がプロデュースする「大パルコ人」シリーズの第3弾。2033年の池袋を舞台に、瑛太と怒髪天の増子直純(Vo)が扮する歌のうまいヤクザ・サンバイザー兄弟の兄弟愛や、西池袋のネオカラーギャングとの抗争が描かれる。音楽は怒髪天の上原子友康(G)が担当している。

フォトコールでは、瑛太演じる弟分・小鰭光と増子演じる兄貴分・金目鯛二郎がボーカルを務め、出演者全員がバックバンドとして参加する「サンシャイン音頭」や、りょう演じる組長の妻・龍野ウロ子によるパフォーマンスが披露された。

会見では宮藤が「何も考えずに、ほかのこと考えながらでも楽しめるお芝居になってます(笑)。ライブシーンが多いので、ぜひ生で観ていただきたいですね」とアピール。瑛太は「とてもワクワクしています。お客さんからどういった反応がもらえるか楽しみ」と笑顔を見せる。今回が初舞台となる増子は「大人数でバンドを組んでアルバムを作ってるみたいな感じでした」と稽古を振り返り、「クドカンが当て書きしてくれたので素のままで演じられています。しかし、なにぶん初舞台なのでね……生温かい目で見守っていただければ」と観客に呼びかけた。

グループ魂の石鹸としても活動している三宅弘城は「お芝居はもちろん、歌、ダンス、演奏、殺陣を出演者11人で全部やるので、“Do It Yourself感”たっぷりのお芝居です」と述べ、清野菜名は「舞台に向けてギターを買いました。グレッチです! めっちゃカッコいいんですよ!」と意気込む。またグループ魂の港カヲルこと皆川猿時は「今日家を出るときにうちの奥さん(田村たがめ)が『応援してますよ』と言ってました。がんばります」と照れる。今回の舞台ではピアノの演奏に挑戦したりょうは「怒髪天がもともと大好きなので、増子さんのボーカルでピアノが弾けるというのが本当にうれしくて。けっこう苦労したんですけど、増子さんのおかげで乗り越えられました」と増子に熱い視線を送った。

本作のこだわりについて宮藤は「ミュージカルと銘打つと、朗々といい声で気持ちよく歌う系になってしまいがちな気がするけど、『大パルコ人』シリーズは、まずロックありきだと思っていて。なおかつギャグもありという作品になるように意識して作っています」と明かし、「瑛太くんと増子さんには、暑苦しいほどの兄弟愛を表現してほしいですね」と発破をかける。最後に瑛太は「出てくるキャラクターが全員バカなんです。こんな面白い舞台観たことないです、僕は。『この演劇を見ないで何を観るんだ!』という感じで意気込んでます。よろしくお願いします」と力強く語り、増子は「後世に残る作品にしたいですね。ヨロシク!」と述べた。

なお「サンバイザー兄弟」は12月4日まで東京公演が上演されたのち、12月8日から18日まで大阪・森ノ宮ピロティホール、12月21日から23日まで宮城・仙台サンプラザホールにて上演される。

大パルコ人3 ステキロックオペラ「サンバイザー兄弟」

2016年11月13日(日)~12月4日(日)東京都 サンシャイン劇場
2016年12月8日(木)~12月18日(日)大阪府 森ノ宮ピロティホール
2016年12月21日(水)~12月23日(金・祝)宮城県 仙台サンプラザホール

作・演出:宮藤官九郎
音楽:上原子友康(怒髪天)
出演:瑛太 / 増子直純(怒髪天) / 三宅弘城 / 皆川猿時 / 清野菜名 / 少路勇介 / よーかいくん / 篠原悠伸 / 上川周作 / 宮藤官九郎 / りょう

音楽ナタリー
シェア / 保存先を選択