佐戸井けん太、前田耕陽、森山栄治が出演!wonder×works『不埒なチェイン』座・高円寺1にて12/8に開幕!


登場人物の内情や、葛藤に重点を置き、細部にまでこだわったエンターテインメント性で幅広い層の観客に向けた作品作りをする、舞台制作団体wonder×worksの公演が、12月8日~12日座・高円寺1で行われる。「企画製作する作品毎に、役のイメージに合う俳優を探し、都度、出演を依頼する」というそのキャッチフレーズのとおり、出演者には佐戸井けん太、田上ひろし、浅野雅博、前田耕陽、萬雅之、森山栄治らと、多彩なくせ者たちが揃った! お話はある中堅ハウスメーカーの営業部。扱っている物件に耐震構造偽装の疑いが……。緊急会議の結果彼等が決めたある「不埒な決断」とは……。

【作・演出 八鍬健之介コメント】

「笑いと麻痺」 

同じようなことが何度も続くと人は可笑しさを覚えるらしい。これはコメディの基本形、反復としても使われている。
ここ数年、連日のように耳を疑うような事件や事故のニュースが耳に飛びこんでくる。どれも非常に腹立たしく、遣りきれない思いのする出来事ばかりである。なのにだ、これらの出来事について誰かと話をする時、ついつい笑ってしまう瞬間が確かにある。呆れ笑いというだけでは説明できない、何とも複雑な味わいの笑いである。後味は苦い。そうして新たな事件や事故が起こるたびに苦味だけが増していく。やがて知覚として感じ取れる限界に達するに違いない。痺れた舌で私たちは何を語るのだろう。正論か、曲論か、極論か……それとも残った三寸でどうにかするのだろうか。願わくば腹の底から笑いたい。

『不埒なチェイン』見所コメント(対談より)
【参加者 森山栄治・佐戸井けん太・前田耕陽・八鍬健之介】

前田 登場人物の人と人との繋がりだったり、その人間関係を楽しんでもらえたらと思ってます。

佐戸井 物真似になったら面白いなと思うんだよね、今回の作品のような状況がいろんな会社にもきっとあって、お客さんが僕達を見て、「ああっ!いるいる、うちの会社にもこういう人」みたい    なことにね、なったらいいなと。

森山 面白い!そういうのいいですね。

八鍬 お客さんが興味を持っていることによって、見所が変わってくる作品だと思うんですね。出演者十人がほぼ出ずっぱりなんですけど、常にどこがで何かが起こっているという、目の離せない芝居にしたいなと思っています。

※『不埒なチェイン』スペシャル対談ページ http://wonderworks.jp.net/chainspecial.html

【文/矢崎亜希子】



〈公演情報〉


冬の劇場22日本劇作家協会プログラム『不埒なチェイン』
作・演出◇八鍬健之介
出演◇佐戸井けん太 田上ひろし 浅野雅博 前田耕陽 萬雅之 森山栄治
高橋花衣 炭谷征之 小笠原大史 鎌野紗恵子
12/8~12◎座・高円寺1
お問い合わせ:wonderworks.plan@gmail.com 070-5548-7020
HP:
http://wonderworks.jp.net/chain.html
演劇キック - 観劇予報
シェア / 保存先を選択