ビッグツリーに20万個のイルミ!志摩スペイン村のクリスマスは今年も豪華


三重県志摩市のテーマパーク「志摩スペイン村パルケエスパーニャ」では、期間限定のクリスマスイベントを12月25日(日)まで開催している。期間中は、クリスマス装飾、イルミネーション、パーク内のレストランやショップでは、クリスマス限定メニューの他、スペインのクリスマスに欠かすことのできない伝統菓子、グッズも登場しパーク内をロマンチックに彩る。

イベントの目玉は、パーク内のエスパーニャ通りの中央に設置された高さ7mの“ビッグツリー”。パーク内には華やかなクリスマス装飾が施され、さらに約20万個のイルミネーションも登場し、異国情緒に溢れたクリスマスムードを盛り上げる。

夕陽が沈む時間帯には、パーク内のコロンブス広場にて、コロンブス像を主人公にした全長35mにも及ぶ大型光ゲート“イサベルの光”のエンターテイメントショーが楽しめる。スペイン初代女王イサベルをモチーフに、人間の葛藤や未来へ託した“夢と希望”を光と音の演出で表現した、約8分間のショーが行われる。

12月23日(祝)~2017年1月3日の期間には、パーク内のシベレス広場において、期間限定のプロジェクションマッピングを上演。スペイン風の建物に、美しさと迫力を兼ね備えた映像が投影される。こちらは期間中、1日1回の上演なのでお見逃しなく!

パークの各レストランやカフェには、クリスマスツリーやサンタクロースをモチーフにしたメニューが登場。クリスマスイベント期間中の、パークでしか食べることができないメニューばかりなので、フードメニューも要チェックだ!

顔や手にエアブラシで吹き付ける“フェイス&ボディペインティング”では、クリスマスにちなんだペイント柄を用意。サンタ帽をかぶったドンキー、サンチョ、冬季限定のユキダルマも登場し、クリスマス気分を盛り上げる。

その他にも、「キャラクターグリーティング」では、各キャラクターがクリスマス限定の衣装でゲストを迎える、クリスマスバージョンに様変わり。12月1日(木)~2017年1月9日(祝)には、シベレス広場にて、各キャラクターが“ドンキホーテのからくり時計”に合わせてダンスを披露するパフォーマンス、「歌って!踊ろう!からくりダンス!」も実施される。

新たに登場した様々なコンテンツでクリスマスを盛り上げる、志摩スペイン村パルケエスパーニャ。今年のクリスマスは、パークでスペイン風のクリスマスを過ごしてみよう!【関西ウォーカー編集部/スズキヒロシ】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択