新国立劇場『ヘンリー四世』第一部&第二部が開幕! 浦井健治、岡本健一、ラサール石井、中嶋しゅう、佐藤B作ら大熱演

SPICER
第二部ー戴冠ーより 左から浦井健治、中嶋しゅう (撮影:谷古宇正彦)

第二部ー戴冠ーより 左から浦井健治、中嶋しゅう (撮影:谷古宇正彦)


新国立劇場 中劇場にて、『ヘンリー四世』が開幕した(11月26日 第一部-混沌-、11月27日 第二部-戴冠-)。

新国立劇場ではシェイクスピアの歴史劇『ヘンリー六世』三部作(2009)、『リチャード三世』(2012)をすべて同じスタッフ・キャストで上演し、高い評価を受けてきた。今回上演する『ヘンリー四世』は、ヘンリー六世の祖父ヘンリー四世や、放蕩三昧のその息子ハル王子(後のヘンリー五世)、シェイクスピア作品随一の人気者フォールスタッフらの活躍をダイナミックに描く二部作にわたる大作。今回は昼夜にかけての二部連続上演をメインとし、また二部作の日替わりでの上演も行う。

まず第一部は11月26日に初日を迎えた。舞台は15世紀ロンドン。王ヘンリー四世は、前王リチャード二世から王位を簒奪した罪悪感に苛まれていた。一方、長男ハル王子は大酒飲みの、無頼の騎士フォールスタッフと放蕩三昧。そのころノーサンバランド伯の息子パーシーらが謀反を起こす。出陣したハル王子と反乱軍を率いる熱血漢パーシーの一騎打ちの行方は……。

第一部初日、終演後はスタンディングオベーションが巻き起こった。

そして11月27日には、第二部が開幕。フォールスタッフは反乱軍との戦いで手柄を立て、過去の罪状を許されるが、ノーサンバランド伯の討伐軍に加わることになる。昔馴染のシャロー判事の暮らすグロスターシアに徴兵に訪れた彼に、ハル王子がヘンリー五世として即位したとの報が。意気揚々と新王の前に姿を現すフォールスタッフを待ち受けていた運命とは?

前日に続く俳優陣の熱演に、客席ではある時は笑いが巻き起こり、そしてある時はすすり泣く声も。第二部の初日は、前日同様大きな拍手と感動に包まれての終演となった。

「王子から王へ」成長を遂げるハル王子、王という立場ゆえの苦悩が絶えないヘンリー四世、そして愛嬌あふれる悪党フォールスタッフら、それぞれに魅力的なキャラクター群が鵜山仁の演出と豪華キャスト陣によってどのように立ち上がってくるのかも大きな見どころ。上演は12月22日(木)まで。

第一部-混沌-より 左から浦井健治、佐藤B作 (撮影:谷古宇正彦)

第一部-混沌-より 左から浦井健治、佐藤B作 (撮影:谷古宇正彦)

以下、本番直前の意気込みを語ったキャストのコメントを紹介する。

浦井健治
このシリーズに携われていることが奇跡だと感じます。中嶋しゅうさん、岡本健一さんを始め『ヘンリー六世』から参加しているメンバーの顔ぶれはもはや肉親のようで、貴重な時間を与えられていると思います。今作から参加の佐藤B作さん、ラサール石井さんも本当に尊敬する先輩方です。これまで稽古を重ねてきて、カンパニー全員が命を賭けて時間を費やしています。お客様には『ヘンリー四世』で過ごした時間を心に刻んでいただきたい。この大作をお祭りだと思って楽しんでいただきたいです。

岡本健一
(公開舞台稽古でお見せした)第二部で演じるピストルはいつも周りのほうで騒いでいる、いわゆる"飛び道具"のような存在。第一部では反乱軍を率いるホットスパーを演じますが、全然違う感じです。ぜひどちらも劇場で観ていただきたいです。シェイクスピア作品といえば高尚なイメージがありますが、今回は良い意味でそうではなく、皆さんの日常に入ってきやすいと思います。劇場の"生"の空間・時間で生まれる感動を早くお客様と共有したいです。

ラサール石井
第一部ではギャッズヒルというフォールスタッフの手下、第二部では判事のシャローを演じます。この場面は周りのみなさんもボケまくりで、面白いシーンになっています。最初台本を読んだときは難解でしたが、実際に稽古場で役者が演じるととてもわかりやすい。さすがに芝居は「生き物」ですよね。それに鵜山さんの演出がすごく面白い。全然飽きないと思いますよ。

中嶋しゅう
『ヘンリー六世』からのメンバーたちとは、皆で顔を合わせた途端に「ああ良い感じだなあ」と思える空気感がありますね。そしてB作さん、ラサールさんは一見シェイクスピア作品なんてやらなさそうだけど(笑)、参加してくれて僕はとても嬉しくて。味がある2人ですよね。2人が入ってカンパニーの雰囲気もまた変わりました。通しだと6時間超の長丁場ですが、とても楽しみです。

佐藤B作
本当にシェイクスピアとは今まで縁が無くて(笑)、演じるのは今回が初めてです。実際やってみるとすごく大変です。こんなにセリフの量がある役は初めて。初日に間に合うだろうか......不安だバカヤローって感じです(笑)。最初で最後かもしれないこんな機会を精一杯楽しんで、本気の気持ちだけは失わずに頑張ろうと思っています。

公演情報
『ヘンリー四世』
 
■日時:2016年11月26日(土)~12月22日(木)
■会場:新国立劇場 中劇場 (東京都)
■作:ウィリアム・シェイクスピア 
■翻訳:小田島雄志 
■演出:鵜山仁 
■出演:浦井健治 岡本健一 ラサール石井 中嶋しゅう 佐藤B作 ほか
■公式サイト:http://www.nntt.jac.go.jp/special/henry4/​

シェア / 保存先を選択