花澤香菜新曲『ざらざら』発売日前日にJ-WAVE『SONAR MUSIC』生出演決定 DAOKOと“相思相愛”対談実現

SPICER
花澤香菜

花澤香菜

画像を全て表示(2件)

11月30日(水)にリリースされる花澤香菜11枚目のシングル『ざらざら』。発売前日である11月29日(火)にJ-WAVE『SONAR MUSIC』(毎週月曜日~木曜日23:30-25:00生放送中)に花澤香菜がゲスト出演することが決定しました。

『SONAR MUSIC』は今年10月にスタートしたばかりの番組。各曜日日替わりでミュージシャンやモデルがレギュラーでミュージックレシーバー&ミュージックオペレーターを務めており、“今聞くべきフレッシュな音楽を発掘していく”プログラムとして、リスナーから注目されている。同番組の火曜ミュージックレシーバーを務めるのが、昨年メジャーデビューを果たしたDAOKO

DAOKO

DAOKO

現在、トリプルAサイド2ndシングルから「もしも僕らがGAMEの主役で」がCygamesコーポレートCM「世界は、もっとおもしろくできる。」篇のタイアップソングとしてもTVでお馴染みとなっている。DAOKOはアニメにも造詣が深く、声優である花澤香菜のことはかねてから大好きで、花澤の音楽作品もチェックしていたとのこと。

一方、花澤香菜は、ナレーションを務めるテレビ番組「NAOMIの部屋」(NHK総合)にDAOKOが出演したことを機に初めて知り、その音楽や映像に一目惚れ。「SONAR MUSIC」火曜日でDAOKOの2ショット対談は、今回の花澤香菜が初の試みとなるとのことで、人気声優と新進気鋭の女性ミュージシャンによる深夜トークで何が語られるのか、是非注目したい。

 

シェア / 保存先を選択