青木豪による7年ぶりのオリジナル作・演出作品『エジソン最後の発明』が三都市で上演決定

SPICER
(左から)東山義久、瀬奈じゅん、小野武彦

(左から)東山義久、瀬奈じゅん、小野武彦


時を越え心を繋ぐ、ハートウォーミングストーリー

劇作家・演出家の青木豪による7年ぶりのオリジナル作・演出作品となる、新作『エジソン最後の発明』が、2017年4月シアタートラムを皮切りに、大阪、名古屋にて上演される事が決定した。

出演には、瀬奈じゅん、東山義久、小野武彦、他、といったバラエティ豊かなキャストが顔を揃える。

瀬奈じゅん

瀬奈じゅん

東山義久

東山義久

小野武彦

小野武彦

夫婦、親子、恋人、友…、愛する人との、絆、別れ、出会い、心残りや後悔、それを埋めたいと思う気持ち…。東京下町を舞台に、現代社会ではこぼれ落ちてしまいがちな、日々の心模様を、声によって語り掛け、心を繋ぐ、“ラジオ”という存在を通して見つめる人間ドラマ。

人と繋がりたい。残した想いを伝えたい。誰しもが、ふと思う切ない想い。それが、もし、時を越えて叶うのなら……。

さまざまな市井の人々の心の襞を丁寧に描き、現代社会における人々の生き方をみつめ続ける青木豪の、渾身の新作に注目したい。

今回の公演に向け、青木豪は抱負を語った。
  
<青木豪コメント>
こんなタイトルですが「評伝劇」ではございません。
エジソンは、晩年「死者と対話をする機械」の発明に没頭していたそうです。死者とも話したいなんて、よっぽどです。
これは、今の日本にいる、よっぽど誰かと話したい人々の物語です。

青木豪

青木豪

詳細は、キューブHP http://www.cubeinc.co.jp にて順次公開予定。

公演情報
『エジソン最後の発明』
 
■作・演出:青木豪
■出演:瀬奈じゅん、東山義久、小野武彦 他
■上演時期:2017年4月 シアタートラム 他、大阪・名古屋にて上演予定
■企画・製作:キューブ
■公演情報:キューブ http://www.cubeinc.co.jp
シェア / 保存先を選択