声優歴28年・出演作300本以上!高木渉が高畑充希主演『ひるね姫』に出演へ

ニュース
2016.12.4
左から、高木渉、『ひるね姫』佐渡 (C)2017 ひるね姫製作委員会

左から、高木渉、『ひるね姫』佐渡 (C)2017 ひるね姫製作委員会

画像を全て表示(3件)

2017年3月18日公開予定のアニメーション映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』に、声優・俳優の高木渡が出演していることがわかった。

『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』は、『東のエデン』『攻殻機動隊S.A.C.』などで知られる神山健治氏が原作・脚本・監督をつとめた劇場アニメーション。2020年の東京オリンピック直前の岡山県倉敷市を舞台に、平凡な女子高生・森川ココネ(声:高畑充希)が突如逮捕された父親を救うべく、事件のカギをにぎる不思議な夢の世界の謎に迫っていく。同作には、主演の高畑のほか、満島真之介、古田新太、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介らが出演。さらに、高畑演じる森川ココネの相棒ジョイを声優・釘宮理恵が演じることが発表されていた。

 

高木渡が演じる佐渡 (C)2017 ひるね姫製作委員会

高木渡が演じる佐渡 (C)2017 ひるね姫製作委員会

 

出演が発表された高木は、芸歴28年のベテラン声優であり、今年は大河ドラマ『真田丸』で実写ドラマに初出演したことでも知られている。神山監督作品初参加となる高木は、江口洋介演じる森川モモタローの悪友・佐渡役を演じるという。また、劇中では岡山弁も披露するとのこと。『ビーストウォーズ』シリーズなど、アドリブも多い軽妙な芝居を得意とする高木がどのような演技をみせるのか注目だ。

出演発表を受け、高木と神山監督のコメントも発表されている。

高木渉

アフレコをとても楽しみにしておりました。森川モモタローの幼なじみであり悪友の佐渡ということで、薙田役の前野朋哉さんとともに赤ン坊のころからココネのことを知っている近所のオジサンという気持ちで、親しみを込めて演じさせていただきました。『ひるね姫』は、ココネの夢と現実が交錯するちょっと不思議な物語。モリオと一緒にどんな発見をする旅になるのか、僕も完成品を劇場で観るのを楽しみにしています。僕が喋る岡山弁も楽しみにしてくださいね。
神山健治監督

佐渡役の男性声優を声でオーディションさせていただいていたら、とても良い声だなと思って耳を止めたのが高木さんでした。真田丸での勢いをいただけたのかなと思っています。


 

作品情報
『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~​』
 
(C)2017 ひるね姫製作委員会

(C)2017 ひるね姫製作委員会


監督・脚本:神山健治『東のエデン』『精霊の守り人』『攻殻機動隊S.A.C.』
出演:高畑充希、満島真之介、古田新太、釘宮理恵、高木渉、前野朋哉、高橋英樹、江口洋介ほか
音楽:下村陽子「キングダム ハーツ」
キャラクター原案:森川聡子『猫の恩返し』
作画監督:佐々木敦子『東のエデン』
演出:堀元宣、河野利幸、黄瀬和哉
ハーツデザイン:コヤマシゲト『ベイマックス』
クリーチャーデザイン:クリストフ・フェレラ
色彩設計:片山由美子
美術監督:鮫島潔、日野香諸里
3D監督:塚本倫基
撮影監督:田中宏侍
音響監督:はたしょう二
制作:シグナル・エムディ
配給:ワーナー・ブラザース映画

(C)2017 ひるね姫製作委員会
シェア / 保存先を選択