ガンダム・ボトムズ・レイズナー…大河原邦男展が熱い!

8月8日(土)から9月27日(日)まで、「機動戦士ガンダム」に登場するモビルスーツなど、数々のロボットデザインを手掛けた大河原邦男氏の作品を集めた「大河原邦男展」が上野の森美術館で開催される。

「タイムボカンシリーズ」「装甲騎兵ボトムズ」「銀河漂流バイファム」…大河原氏が描いたイラストや資料、描き下ろし作品など、約500点が展示される。メカニックデザイナーとして活動した40年の集大成である本展覧会は絶対に見逃せない。

8月8日(土)から始まる「大河原邦男展」に先立ち、大河原氏が展覧会のために描き下ろした作品の一部が公開された。ここで公開された、ガンダム・ヤッターキングの他にも名作ロボットが集合!B2サイズ6枚が屏風のように連なった超大作が、会場に行けば大迫力で見られるぞ。

■ 会場限定のメタリックシールも登場!

「大河原邦男展」限定ガンプラも解禁!「MG 1/100 ストライクフリーダムガンダム メカニックデザイナー 大河原邦男展Ver.」(6480円)が会場限定で販売される。イニシャルであるO.Kを模した、輝く噴射のような「OKエフェクト」は本展だけの限定仕様だ。さらに、東京会場で購入すると、上野の森美術館限定メタリックシールをプレゼント!ガンプラに触れてない人も、限定ガンプラに是非チャレンジしてほしい。「今」のガンプラのすごさを体験できるはずだ。

本格的な夏が来る前に、ロボット熱がぐんぐん高まっている。今年の夏は、史上最大の「大河原邦男展」でメカニックの魅力を存分に味わおう。【東京ウォーカー】
 

Walkerplus
シェア / 保存先を選択