上妻世海と11作家の対話から生まれたグループ展『Malformed Objects』

展覧会『Malformed Objects―無数の異なる身体のためのブリコラージュ』が、1月21日から東京・天王洲アイルの山本現代で開催される。

1989年生まれの評論家・キュレーターの上妻世海がキュレーションを手掛ける同展。「制作と共同性」というテーマを中心に活動している上妻が、11人の作家と対話を重ねて構成する展覧会となる。

参加作家には池田剛介、urauny、大和田俊、木内俊克、篠崎裕美子、高田優希、永田康祐、平野利樹、松本望睦、三野新、涌井智仁が名を連ねている。会期中にはトークイベントやワークショップなどが開催される。詳細は山本現代のオフィシャルサイトで随時発表予定だ。

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択