アンドレア・バッティストーニ(指揮) 反田恭平(ピアノ)東京フィルハーモニー交響楽団

ニュース
クラシック
2015.8.29

天才が生み出す生気の奔流に酔う

 いま在京オーケストラの公演の中でも特に聴き逃せないのが、東京フィルとバッティストーニのコラボだ。1987年生まれの彼は、20代にしてスカラ座はじめ欧州の著名歌劇場で活躍するイタリアの天才指揮者。日本ではまず、2012年二期会公演の《ナブッコ》と、13年の東京フィル定期の「ローマ三部作」の壮絶な名演で皆を驚嘆させた。以来次々に快演を展開。今年から首席客演指揮者に就任し、5月には《トゥーランドット》全曲で圧倒的なインパクトを与えた。その演奏は、サウンドの熱量が凄まじく、音楽が光彩を放ちながらアグレッシヴに躍動する。しかも音作りは緻密で、構成は堅牢かつ壮大だから恐れ入る。

 さて今度は9月定期だ。演目は、ヴェルディ《運命の力》序曲、ラフマニノフ(レスピーギ編)「5つの絵画的練習曲」(9/10)または、「パガニーニの主題による狂詩曲」(9/11)、ムソルグスキー(ラヴェル編)「展覧会の絵」。色彩的で華麗な作品が並ぶだけに、前記の特長が全開となること必至。生気漲る音と音楽の奔流を全身で体感したい。しかもこのプログラム、サンクトペテルブルグで初演された《運命の力》を含めて、ロシアとラテンの融合作品ばかり。この熱い発想も妙味充分だ。

 もう1つの注目点が反田恭平の抜擢。1994年生まれの彼は、高校在学中に日本音楽コンクールで優勝後、モスクワ音楽院で学ぶ話題沸騰のピアニスト。今年海外のコンクールでも優勝した昇り龍で、鮮烈な音による大胆な演奏が心を鷲掴みにする。彼が弾く「パガニーニ狂詩曲」も必聴!

 今年28歳の指揮者と21歳のソリスト…。ここは時代を先取りしよう!

文:柴田克彦
(ぶらあぼ + Danza inside 2015年8月号から)

公演情報
東京フィルハーモニー交響楽団

◆第868回 サントリー定期シリーズ
日時:9/10(木)19:00
会場:サントリーホール
◆第96回 東京オペラシティ定期シリーズ
日時:9/11(金)19:00
会場:東京オペラシティ コンサートホール

指揮:アンドレア・バッティストーニ
ピアノ:反田恭平
曲目:
ヴェルディ/歌劇『運命の力』序曲(9/10、9/11)
ラフマニノフ(レスピーギ編)/5つの絵画的練習曲(9/10)
ラフマニノフ/パガニーニの主題による狂詩曲 作品43(9/11)
ムソルグスキー(ラヴェル編)/展覧会の絵(9/10、9/11)
問合せ:東京フィルチケットサービス 03-5353-9522
公式サイト: http://www.tpo.or.jp/

WEBぶらあぼ
シェア / 保存先を選択