『高丘親王航海記』 の記事

SPICEの『高丘親王航海記』の記事の一覧です

SPICEの『高丘親王航海記』の記事の一覧です

 ITOプロジェクト公演・糸あやつり人形芝居『高丘親王航海記』(原作/澁澤龍彦、脚本・演出/天野天街)が、2019年11月2日(土)~4日(月・祝)に愛知県名古屋市・愛知県芸術劇場小ホールで上演される。同作品は、2018年4月に東京と兵庫で上演され、大好評を博したもので、天野の活動拠点である名古屋への初凱旋公演となる。

 幻想文学の碩学であった澁澤龍彦(1928-1987)の遺作となった小説(第39回読売文学賞受賞)を原作とする本作は、平安時代、仏教求道のために天竺(インド)を目指した高丘親王の不思議な航海を描いた冒険ファンタジーだ。卵、石、少女、悪女、夢、鏡、入れ子構造、円環、時間錯誤、空間錯誤など、様々なテーマが溢れて絡み合い、澁澤龍彦の集大成と言われる。同作は1992年に少年王者舘と維新派が合同で、名古屋・白川公園において野外劇として上演したこともある(脚本・演出/天野天街、主演/松本雄吉)。また、高取英の月蝕歌劇団や笠井叡によって舞台化されたこともある。さらに近藤ようこによるコミックも2019年3月より連載中だ。

 2018年初演の糸あやつり人形芝居『高丘親王航海記』は、原作のエッセンスを崩すことなく、人形造形や操りテクニック、そして演出等々、あらゆる面で驚愕と、美の郷愁を観客にもたらした。音楽や舞踊の面から見ても、完成度が極めて高い。ゆえに(手前味噌ながら)「SPICEステージアワード2018」でもグランプリに選出した。一度観た者は、この夢のような舞台を何度でも味わいたいと思うのではないだろうか。しかし、あまりに複雑緻密な人形劇すぎて、そう簡単に再演ができないのが、この作品の宿命だった。にも係わらず、主に名古屋の関係者たちが動き、ITO側も真摯に対応し、11月の再演に漕ぎ着けた。その名古屋公演では「SPICE優良舞台観劇会」も実施(11月3日19時の回/アフタートーク付)。ぜひ、この機会に、この奇跡と呼ぶに値する衝撃の人形劇に邂逅していただきたい。


ジャンル
記事種別
SPICER
シェア / 保存先を選択