窪田正孝に投げつけられる硬球!新人刑務官は刑務所で生き残れるか?『連続ドラマWヒトヤノトゲ~獄の棘~』キャラクター映像

ニュース
2017.2.1
窪田正孝演じる新人刑務官・武島良太

窪田正孝演じる新人刑務官・武島良太

3月19日からWOWOWプライムにて放送を開始する連続ドラマW『ヒトヤノトゲ~獄の棘~』から、窪田正孝演じる主人公・武島良太をフィーチャリング した映像がWEBで限定公開された。

『ヒトヤノトゲ~獄の棘~』は、2014年に発刊された大門剛明原作の小説『獄の棘』(角川文庫刊)をドラマ化作品。刑務所の閉ざされた内部で起こるギャンブル・脱獄・いじめ・偽装結婚など、新人刑務官が見た塀の中の真実を描いた社会派ミステリーだ。 主人公の新人刑務官・武島良太を演じる窪田は、連続ドラマW初主演。これまで数多くの役を演じてきた窪田であるが、刑務官役は初挑戦となる。また、共演者には、法務省出身で剛腕の新任看守長役で小澤征悦、受刑者でありながらも力を持つ暴力団組長役で泉谷しげる、受刑者たちをののしり威圧感を与える副看守長役で池田成志、主人公の教育係でありながら清濁併せのむ食わせ者の看守部長役で萩原聖人ら実力派俳優陣が集結している。監督は、映画『愛を乞うひと』で日本アカデミー賞最優秀監督賞ほか多くの賞に輝いた平山秀幸氏。

 

 

公開された映像は、窪田演じる武島が関東刑務所に着任し、受刑者のいじめの黙認、所内での賭博など正義とは程遠い刑務官の姿を目撃していくというもの。そんな中で、武島は新任看守長・名久井の命を受け、腐敗した刑務官を洗い出すスパイの任務に就くことになる。さらには、武島が泉谷演じる暴力団組長・神宮に父親の死について意味深な言葉を投げかけられるシーンや、硬球を投げつけられる場面なども登場。さまざまな物理的・心理的困難が武島の前に立ちはだかる。果たして、無法地帯と化した刑務所で生き残ることができるのか。

なお、今後は小澤征悦萩原聖人泉谷しげる池田成志と、各キャストが演じるキャラクター・バージョンの映像も続々公開されていくという。また、今回の映像解禁とともに、番組公式インスタグラムも開設されている。気になる方は覗いてみてはいかがだろう。

日曜オリジナルドラマ 『連続ドラマW ヒトヤノトゲ~獄の棘~』は3月19日WOWOWプライムにて放送スタート。※第1話無料放送 
 

番組情報

日曜オリジナルドラマ 『連続ドラマW ヒトヤノトゲ~獄の棘~』
放送日時:3月19日 放送スタート(全6話) 毎週日曜 夜10:00 ※第1話無料放送 WOWOWプライム 
 
原作:大門剛明 『獄の棘』(角川文庫刊) 
監督:平山秀幸 映画『エヴェレスト 神々の山嶺』『愛を乞うひと』『レディ・ジョーカー』ほか 
脚本:鈴木智 映画『金融腐蝕列島 呪縛』『誰も守ってくれない』 ほか
音楽:安川午朗 映画『八日目の蝉』『ソロモンの偽証 前篇・事件/後篇・裁判』ほか 
出演:窪田正孝 小澤征悦 池田成志 駒木根隆介 ・ 泉谷しげる ・ 野波麻帆 螢雪次朗 中村育二 萩原聖人 ほか

【ストーリー】「鍵のない牢がある」という北関東刑務所に足を踏み入れた新人刑務官・武島良太(窪田正孝)。そこで目にしたのは、受刑者のいじめの黙認、所内での賭博など正義とは程遠い刑務官の姿だった。ある日、剛腕で法務省出身の名久井惣一(小澤征悦)が看守長として着任する。一方、副看守長・岩本康隆(池田成志)が管轄する工場では、受刑者ながら力を持つ暴力団組長・神宮是清(泉谷しげる)に良太が手荒い歓迎を受けていた。“刑務所の闇”に翻弄される良太は、名久井と対照的な現場出身の先輩・秋村繁晴(萩原聖人)に助言されるが、秋村の不可解な行動に困惑する。あらゆる思惑が交錯する所内。名久井は良太に腐敗した刑務所を一掃しようと“ある指示”をする。さらに、神宮が良太に近づき、刑務官であった父の死について何か知っているかのようなことをほのめかす。父にいったい何が?“誰も知らない閉ざされた世界”ともいえる刑務所にある正義、真実とは―。

番組特設サイト: http://www.wowow.co.jp/dramaw/hitoya/ 

 

シェア / 保存先を選択