138年ぶりに喜多川歌麿の「深川の雪」と「吉原の花」が再会 岡田美術館にて同時展示

SPICER
喜多川歌麿「深川の雪」(部分) 享和2~文化3年(1802~06)頃 岡田美術館蔵

喜多川歌麿「深川の雪」(部分) 享和2~文化3年(1802~06)頃 岡田美術館蔵

画像を全て表示(4件)

特別展『歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」―138年ぶりの夢の再会―』が、2017年7月28日(金)~10月29日(日)にかけて、岡田美術館にて開催される。なお、この「深川の雪」と「吉原の花」は、喜多川歌麿「雪月花」三部作のうちの二作で、日本で同時に展示されるのは、実に138年ぶりとなる。

「雪月花」三部作とは、歌麿によって描かれた一連の肉筆画の大作で、「深川の雪」、「品川の月」、「吉原の花」を指す。「雪月花」三部作が同時に展示されたもっとも古い記録は、明治12年(1879年)11月23日、栃木県の定願寺での展覧に出品されたというもの。

喜多川歌麿「吉原の花」 寛政3~4年(1791~92)頃  ワズワース・アセーニアム美術館蔵

喜多川歌麿「吉原の花」 寛政3~4年(1791~92)頃  ワズワース・アセーニアム美術館蔵

現在、「吉原の花」はワズワース・アセーニアム美術館(アメリカ・コネチカット州)が、「品川の月」はフリーア美術館(アメリカ・ワシントン D.C.)が所蔵している。「深川の雪」は戦後に公開されてから長らく行方不明だったが、2012年に再発見され、岡田美術館の収蔵となっている。

このたび、アメリカより「吉原の花」が来日。岡田美術館にて、138年ぶりに「深川の雪」とともに展示される。なお、「品川の月」も原寸大の高精細複製画を制作し、同時展示されるという。この貴重な機会を逃さないようにしよう。

岡田美術館 3階展示室

岡田美術館 3階展示室

岡田美術館 外観

岡田美術館 外観


※画像写真の無断転載を禁じます。

イベント情報
歌麿大作「深川の雪」と「吉原の花」―138年ぶりの夢の再会 ―

会期:2017年7月28日(金)~ 10月29日(日)
会場:岡田美術館
休館日:会期中休館日なし
主催:岡田美術館
所在地:神奈川県足柄下群箱根町小涌谷493-1
開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
入館料:一般・大学生 2800円、小中高生1800円
http://www.okada-museum.com/
シェア / 保存先を選択